写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは4月15日、平成28年熊本地震の発生を受け、家族や友人などの安否を登録・検索できる「パーソンファインダー」を提供開始した。

パーソンファインダーは、被災者の安否情報を登録するデータベース。2011年の東日本大震災発生時にも公開された。自身や知人の安否情報を登録できるほか、人名(一部でも可)や携帯電話番号で安否情報を検索できる。4月15日15時現在、約400件のデータが登録済み。サービスはパソコンやスマートフォンのブラウザから利用できる。