写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クオリティアは4月14日、Webメール搭載メールサーバソリューションである「DEEPMail」のオプションとして「添付ファイル画像化オプション」をリリースした。価格は税別で16万5000円/100ユーザー。

新オプションは、総務省が推奨する自治体向け情報セキュリティ対策の1つである添付ファイルの無害化を支援する機能だという。受信した添付ファイルをブラウザ上で画像表示し、中身の確認が可能なほか、Zipパスワード付きのファイルでもパスワードを解凍したうえで画像化し、内容を確認できる。

また、オリジナルファイルをダウンロードする際にはメール送信元の国名や住所録への登録、最近送信した相手などの送信者情報を表示する。

さらに、インターネット環境に新設するメールサーバとしてDEEPMailを設置する場合、添付ファイル画像化オプションで目視による添付ファイルの事前確認を行なうことで、庁内ネットワークへファイルを持ち込む前に悪意あるメールを排除できるとしている。

同様に、一般企業や大学などメールを使用する組織に対し、新オプションは添付ファイルを開くことによって感染するマクロウイルスによる標的型攻撃への対策の1つとしても有効だという。

(岩井 健太)