香りの変化や色も楽しんで!

写真拡大

100種類以上の"熟成古酒"がテイスティングできる日本最大の試飲イベント「熟成古酒ルネッサンス2016」が2016年4月17日、東京・渋谷のシダックスホールで開かれます。

一般には、「熟成酒」「長期熟成」「秘蔵酒」などと書かれていても1、2年で出荷されているものもあるそうですが、ここでいう"熟成古酒"とは、満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒のことです。

チョコとも合う! オールマイティな熟成古酒

タイプも色々あります。常温で熟成させた本醸造酒や純米酒は「濃熟タイプ」。中華料理や焼肉、タレの焼き鳥のほか、ビターチョコやブルーチーズと相性が抜群。

そのほか、「中間タイプ」は酢豚、牛しゃぶ、干しブドウなどと、「淡熟タイプ」はフランス料理や生ハム、以下の塩辛、ロールキャベツ、グラタンなどと合うようです。日本酒と言えば和食という固定概念を壊されますよね。これなら活躍の場は広そうです。

当日は、熟成古酒を味わいながら、酒肴や音楽とのマリアージュも楽しめます。いつもの夕飯のお供に、家で飲むならどのタイプが合いそうか、じっくり探して回るのも楽しそうです。

また、自家熟成させた古酒の鑑定ブースでは、掘り出しものの珍しい古酒が 飲めることも。ちょっとマニアな古酒の世界、ワクワクしますね。

第1部は13時30分〜15時30分、第2部は16時〜18時で、完全入れ替え制です。

料金は前売り券2000円、当日券2500円。e+(イープラス)、全国のファミリーマート、長期熟成酒研究会会員酒販店の店頭など購入できます。

詳しくは公式サイトで。