10日、中国の掲示板サイトに、中国政府が海外で購入した商品を国内に持ち込む際に課す関税を引き上げたことを伝えるスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年4月10日、中国の掲示板サイトに、中国政府が海外で購入した商品を国内に持ち込む際に課す関税を引き上げたことを伝えるスレッドが立った。

スレ主は、中国政府が低迷する国内消費を活性化するため、海外で購入した商品を国内に持ち込む際にかかる関税を引き上げたことを紹介。具体的には、値段が2000元(約3万3000円)を超える商品を購入した場合や、年間の買い物額が2万元(約33万円)を超えた場合は、個人の買い物であっても通常の貿易と同じ関税が適用されること、品目によって関税が大きく引き上げられていることなどを伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「関税はさらに倍に増やすのがちょうどいいと思う」
「この政策は支持する。海外で消費する人の多くが汚職役人だ。こういう人たちは国内で稼いで海外で消費しているんだ」

「こんなの金持ちの移民を促進するだけ」
「これは海外商品の代理購入をしている人にとって打撃になるだけだろ」

「税金が増えても海外製品のコストパフォーマンスは高い」
「品質が悪く税金が重くて値段が外国より高い。原因を探さずに強制的な手段を取って意味があるのだろうか」

「国内製品の品質と比べると海外製品は安くて質がいい。偉大な祖国は国内の品質管理を強化しないで税金を上げるだけなんだな」
「粉ミルクすらまともに作れないのに増税して海外製品購入を阻止しようというのか。どうしようもない統治者だな」(翻訳・編集/山中)