木曜日は、金曜メインパーソナリティの有馬隼人がアシスタント


30年続いたTBSラジオ・朝のワイド番組「大沢悠里ゆうゆうワイド」の後継番組として4月11日にスタートした「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ・月〜木曜8:30〜)。


「大沢悠里ゆうゆうワイド」は月〜金曜までの放送だったのに対し、「伊集院光とらじおと」は月〜木曜。これはどういうことなのかというと、週末にフラッと色んなところを放浪したり、何か変なことをやったりする時間がないとダメになっちゃう! ……という伊集院からの希望によるものらしい。

そのため、月〜木曜はメインパーソナリティを伊集院光が務める「伊集院ひかるとらじおと」。そして金曜日は有馬隼人と山瀬まみがメインパーソナリティを務める「有馬隼人と山瀬まみとらじおと」(TBSラジオ・金曜8:30〜)という、ちょっと変わった編成となっているのだ。

そして、木曜日に関してはメインパーソナリティが伊集院光、木曜アシスタントが、金曜日にメインパーソナリティを務める有馬隼人、さらに木曜パートナーとしてWAHAHA本舗の柴田理恵という、3人体勢での放送となる。

有馬隼人といえば、元・TBSアナウンサーながら、学生時代にやっていたアメリカンフットボールへの夢が捨て切れず、2004年に入社3年目でTBSを退社し、アメリカンフットボール選手に転身したという変わった経歴を持ったイケメン!

2012年をもって、アメリカンフットボール選手は引退していたものの、今回の新番組への抜擢には「あっ、戻ってくるんだ!」とビックリさせられた(入社3年目でいきなり辞めてるからTBSと関係悪いと思ってた!)。

TBSアナウンサー時代には、その運動能力を買われて「伊集院光 日曜日の秘密基地」の草野球企画などで、伊集院チームの一員として活躍していたこともあり、そんな縁での起用だったのだろうか。

ファン目線のうがった見方をしちゃうと、TBSラジオとしては、当然、伊集院光に次世代の大沢悠里としての期待をかけているとは思うが、伊集院もわりと突然に日曜昼のワイド番組「日曜日の秘密基地」を終了したりという過去があるので、その時の保険として元・TBSアナウンサーの有馬隼人を育てようとしているんじゃ……なんてことも思ってしまう!?

それはさておき、木曜アシスタントとしての有馬は、主にニュース読み上げや、メッセージ呼び込みなどを担当し、自由にしゃべる伊集院と柴田のサポートに徹していた。

有馬の本領発揮は金曜日「有馬隼人と山瀬まみとらじおと」で、ということになるだろうか。有馬隼人+山瀬まみという組み合わせも意外性があり、どんな雰囲気になるのか楽しみなところ。

柴田理恵がおばちゃんリスナー目線で盛り上げる


そして、木曜パートナーの柴田理恵。

月〜水曜の、伊集院+女性アシスタントという組み合わせもなかなかよかったが、番組開始したてということもあり、どうしてもラジオ経験の少ない若い女性アシスタントを、伊集院がフォローする……というような関係性となっていた。

一方、柴田理恵のスタンスは、完全にラジオを聴いてるおばちゃん!

アシスタントとしての役割は有馬が引き受けていることもあり、柴田は、まー自由なのだ!

「このリストの中から聞きたいことを選んで」と言われているのに、リストにはない、自分の聞きたいことを聞いちゃう。CMに行く時間なので、コーナーを締めようとしているのに、まだしゃべっちゃう……。

ホントに、ラジオの前のおばちゃんが、好き勝手に言いたいことを言っているような感じ。

伊集院と柴田が、特に仲が良いというイメージはなかったが、これがまた意外にいい食い合わせで、「へーっ、はーっ、ふーん、それで?」といった、柴田のあいづち力、聞き出し力がすごくて、伊集院の方もそれに乗っかって「柴田をもっと盛り上げたい」とテンションを上げているように感じた。

ゲストのカロリー高すぎない?


10時代からのゲストコーナー「伊集院光とらじおとゲストと」のゲストはホンジャマカの石塚英彦。

登場前のサウンドステッカーで「ホンジャマカの石塚英彦です。ラジオをお聴きの皆さんを、声だけで太らせます!」と、いきなり笑いを取っていたが、それにしてもこの番組、メインパーソナリティが伊集院光、放送2回目のゲストが松村邦洋、4回目のゲストが石塚英彦って、出演者のカロリー高すぎない!?

デブタレ仲間として、伊集院監督のVシネマ「ファットマンブラザーズ〜百貫探偵〜」に出演したり、その主題歌を歌うラップグループ「FATMAN BROTHERS」として一緒に活動したりと、伊集院とも古くからの付き合いがある石塚だけに、コーナーは和やかな雰囲気で進行していった。

テレビでは「まいう〜」など、どうしてもテンションの高いキャラクターを求められる石塚だが、ラジオでは、わりと淡々とトークするスタイル。

柴田から、「石ちゃんって、女性の共演者とあんまりしゃべらないですよね?」と聞かれると、「あがっちゃうんですよね、街でインタビューとかしていても、小学生の女の子でも(異性だ! ……と)気を遣っちゃうんですよ」なんて意外な一面も見せていた。

伊集院は、石塚のグルメレポートのすごさのひとつとして、デブキャラに見えて、絶対に料理を食い散らかしたりせず、ものすごく食べ方がキレイだということを挙げていたが、どうしてあんなにキレイに食べられるのかと聞かれると「食べ物をこぼしたくないだけ」との返答。

「ごはん粒をこぼすヤツはごはん粒愛が足りていない! タレを口の周りにつけるヤツは、タレ愛が足りていないってことだ!」と伊集院も感心しまくり。グルメレポート界の格言だ!

来週は伊集院の師匠・三遊亭圓楽も登場


そして、来週のゲストラインナップが公開されていたが、これがまた豪華!

18日(月)は歌舞伎役者の中村勘九郎、19日(火)はフィギュアスケーターの浅田真央、20日(水)は落語家の三遊亭圓楽、21日(木)はWAHAHA本舗の久本雅美。

さらに18日(月)の「あれ」なレコードを紹介する「あれコード」のコーナーのゲストにはイラストレーターのみうらじゅん。

これだけ豪華なゲストを揃えてくるとは、TBSラジオも力入ってるなぁ〜……と思ったら、聴取率調査週間なんですな。「ゆうゆうワイド」の後を引き継いで1週間でいきなりの試練ともいえるが、この月〜木曜までやってきて、伊集院ファンはもちろん、「ゆうゆうワイド」を聴き続けてきた層もちゃんとつかめているんじゃないかな!?

やはり注目のゲストは、落語家時代の伊集院光の師匠・三遊亭圓楽の出演する20日(水)だろうか。

これまでもたびたび伊集院と共演はしているものの、1時間近くガッツリとトークというのははじめてなのでは? 伊集院としては緊張感マックスなゲストだと思うが、それを初回放送で緊張しまくっていた水曜アシスタント・吉井歌奈子がどうフォローしていくのか!?

そして、意外と気になるのが21日(木)の久本雅美と柴田理恵という組み合わせ。もはやお互いに知らないことはない、というような関係性で改めてどんな話を聞いていくのか?

こりゃ、来週も午前中は仕事できないな……。
(北村ヂン イラストも)