イベント会場でACSIVEを着用してみせる佐野教授

写真拡大

健康寿命を延ばす効果が期待される「歩行」だが、加齢による筋力低下や疾患による麻痺で、歩けなくなってしまうこともある。

こうした人をサポートするために、二足歩行ロボットの技術に着想を得て開発されたのが、歩行支援機「ACSIVE(アクシブ)」だ。記者が実際に体験してみた。

「機械」を装着した違和感はない

「ACSIVE(アクシブ)」は、「マイナス10歳分、歩行機能を取り戻す」が開発コンセプトで、病気や高齢で自立歩行能力が低下した人をサポートする装置だ。あくまで歩行の支援を目的にしており、ひざや足首を支えたり、立ち上がる際に補助したりする機能はない。

片足用と両足用があるが、どちらも腰からひざに器具を沿わせるようにベルトで装着するだけで済む。足に直接着けても、ズボンの上から装着してもよい。ゆったりとしたサイズのズボンなら、ACSIVEを着けた足の上から履けそうだ。女性ならスカートの下に装着できるという。重量も片足用が550グラムと、それほど重くない。腰のあたりにバネが内蔵された筒状のパーツが位置するが、何か機械が取り付けられているような違和感はない。

記者が実際にACSIVEを装着してみると、ズボンの黒色に溶け込んで、遠目にはわからないほどだ。付け心地も軽く、装着感はあまり気にならない。

10歩ほど歩いてみた。ところが、あまり「足が自然に動く」というような感覚はなかった。「付け方がまずいのか」と不安になったが、製造に携わった今仙技術研究所開発センターの鈴木光久氏によると、歩き方や個人の感度の違いによって体感できる効果に差があるという。

「あくまで歩くときの足の振り出しをサポートするもので、モーターによって力任せに足を動かすわけではありません。筋力の衰えや麻痺が原因で歩行時に足の重さを感じる状態でないと、平地では効果を得にくいかもしれません」

記者は健康な30代なので、サポートが必要ないようだ。そこで、足を重くするために2キロ程度のアンクルウェイト(重り)を着けて、再度歩いてみた。

今度は、はっきりと違いが分かった。最初にACSIVEをつけずに歩くと、ほんの4、5メートルの距離でも足を振り出す際に重さを実感する。しかし装着後は、重くなったはずの足がむしろ軽いとすら思えた。測定はしていないが、足が前に出やすくなり、歩幅が広がったようだった。

「高齢者であれば、足が軽くなって歩幅が広くなる例は確認しています」(鈴木氏)

システムに人が依存しすぎないように

ACSIVEを開発したのは、長年歩行ロボットを研究する名古屋工業大学の佐野明人教授と、電動車いすや義足の研究開発、製造を手掛ける株式会社今仙技術研究所だ。2016年3月30日、東京都内で開かれたイベント「Aging Style × GOOD DESIGNトーク」で実物を披露した。

佐野教授は、歩行の際に自然と生じる「前に出ようとする物理現象」(受動歩行)の原理をACSIVEに応用。バネと、すねやももの振り子の動きを利用した。装置を着けた側の足が着地して体が前に進もうとする瞬間の力をバネに蓄え、足を踏み出す瞬間にバネが延び、足がより前に出るように、その振り出しをサポートしているという。ロボット技術を応用した歩行支援機は、外部からの動力で足を動かすパワードスーツが思い浮かぶが、ACSIVEはモーターやバッテリーを持たない。自分の筋肉を使い、自立して歩くことになる。

「システムに人が依存しすぎない、自分の足で自分の歩行をサポートすることが重要だと考えています」(佐野教授)

介護やリハビリなどの用途に限定しているわけではないため、高齢者の登山やゴルフなど、レジャーでの利用も想定されているという。