手はかかるがかわいいヤツ!B型後輩に頼りにされるコツ10項目

写真拡大

第一印象は人なつっこく元気なB型後輩。

無償の愛情をそそいであげよう

しかし意外と神経が細く打たれ弱い。しかも個性が強いので指導も一筋縄ではいかない。
そんな面倒なところもひっくるめて受け止められるかが先輩の度量といえそうだ

B型の後輩から先輩として頼りにされるコツを解説します。

●仕事のやりかた

なにかとアレンジを加えたがるB型後輩。意識的なときも無意識的なときもある。頼んだことがその通りにならないことに腹を立てるよりも、泉のごとく湧いてくるアイディアを伸ばそう。

●フォローのしかた

フォロー=愛情だと感じるB型後輩。わがままキャラなので、これまで「おっちょこちょいなのもご愛嬌」で許されてきている場合が多い。全否定されるとすごく凹む。そのため突き放す指導は逆効果。成長させたいなら、いつも一緒にいて喜怒哀楽を共にしよう。

●誉めかた

誉められて伸びるB型後輩。みんなの前で誉めると、俄然張り切るところが単純で憎めない。ただし、調子に乗りやすいので、サジ加減が重要である。

●信頼関係の深めかた

厚い信頼関係を求めるB型後輩。あっけらかんとしているようで傷つきやすいため、ガラス細工なみに慎重に扱うべし。冗談を真に受けてしまうことや、あんなに張り切っていたのに突然「辞めたい」と言われて驚かされることも……。なにかと手がかかるヤツなのだ。

●チームでの役割

集団行動に向かないB型後輩。そのぶん単独での企画アイディアや接客・営業では類い希な才能を発揮する。そして、いるだけで場の空気を作るので、チームの中では文字通り『マスコット』が適している。

●宴会での役割

ムードメーカーのB型後輩。当然宴会では表舞台が向いている。反面、計画的に準備しなければならない裏方や、間違いの許されない会計を頼むのはちょっと危険。

●同期との関わりかた

同期に対抗意識を持ちやすいB型後輩。ふだんはフレンドリーなのに、先輩が同期を誉めたりすると一転、メラメラと闘志を燃やす。人間関係を壊してでも認められようとするので、刺激しないほうがよい。

●意見・発言について

物怖じしないB型後輩。社長やずいぶん上の上司にも意見しちゃうからヒヤリとさせられる。干される危険と常に隣り合わせなのに、本人は至ってひょうひょうとしている。

●プライベート

感情を隠せないB型後輩。素直であるという長所と背中合わせに、プライベートを仕事に持ち込みやすいという弱点を持つ。仕事においてのプロ意識を育て、メンタル面を強化していくことが成長の鍵。

●悩みについて

意外と言っちゃなんだが、悩み多きB型後輩。落ち込みやすく、浮き沈みが激しい。飲みに誘って本音トークになったら出るわ出るわ……。なかには『聞きたくなかった本音』もあるから覚悟が必要。

『自分でまいた種』も『不本意に降りかかる火の粉』も多いB型後輩には気苦労が絶えない。それなのにどこか憎めないのがB型……。
潰れずに成長した暁には、無二のオリジナリティーを生かして会社のキーパーソンとなる資質がある。
今はひな鳥を育てるつもりで無償の愛を注いでみよう。

『自分でまいた種』も『不本意に降りかかる火の粉』も多いB型後輩には気苦労が絶えない。それなのにどこか憎めないのがB型……。
潰れずに成長した暁には、無二のオリジナリティーを生かして会社のキーパーソンとなる資質がある。
今はひな鳥を育てるつもりで無償の愛を注いでみよう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by YangChen(TW)