今年も本格的な紫外線シーズンが到来。日やけ止め効果の高いベースメイクやボディケアで肌を守って準備万端……と思っている人はちょっと待って! 髪や頭皮も、顔と身体の肌と同じようにきちんと守っていますか? 頭皮の紫外線ダメージは、顔の2倍以上ともいわれています。だからこそ、いかにダメージを減らすかが、髪の未来、ひいては“見た目年齢の若々しさ”のカギとなるのです。

そこで今回は、知っているようで知らない髪や頭皮の紫外線ダメージから、簡単にできるケア方法までご紹介。正しい知識とワザを身につけて、太陽の下で輝く活き活きとしたツヤ髪を手に入れましょう!

 

頭皮のUVケアを怠ると、顔までたるむ!?

最近でこそ、頭皮のUVケアを重要視する声が高まりつつありますが、「スタイリングが崩れる」「ベタつきそう」「面倒くさい」といったネガティブなイメージがつきまとい、実際に習慣にしている人は意外と少ないもの。とはいえ、他のどの部位よりも太陽に近い頭皮は、顔の2倍以上の紫外線を浴びているとか。そのダメージは想像以上に深刻です。フケや皮むけ、乾燥だけならまだよいですが、抜け毛や白髪といった見た目の老け感を加速させてしまうことも。放っておくと、のちのち後悔することになりかねません。

また、顔と頭皮は一枚皮でつながっているので、顔の肌と同じように紫外線の影響を受け続けてしまえば、当然頭皮も老化します。美肌の要となるコラーゲンやエラスチンが傷つき、ハリや弾力が低下し、“顔のたるみ”まで引き起こされてしまうことも! 「女は夏に老ける」といわれるのは、こうした紫外線ダメージの影響、と言っても過言ではありません。日差しが気になる季節は積極的に、頭皮までしっかりとダメージを食い止めるケアが必要なのです。

 

今すぐできる! 夏の髪と頭皮を守る簡単UVケア


UVケアは毎日のことだからこそ、続けやすいことが何より大事。お出かけ前や気になったときにサッと手軽にできる簡単UVケアメソッドをご紹介します。

●毎日のシャンプーは「スカルプケア」をチョイス

夏は汗や皮脂で頭皮の毛穴が詰まりがち。
放っておくと抜け毛やフケ、においの原因となるので、スカルプケアタイプのシャンプーで汚れを溜め込まない工夫を。すっきり頭皮をキープすることで、夏を超えても健やかな髪が育まれます。

●麦わら帽子や黒の日傘で紫外線をシャットアウト!

日やけ止めを塗りにくい髪や頭皮は、帽子や日傘が便利。形や色、素材にこだわることで、より高い効果を実感できます。帽子はツバが広めのものがベスト。通気性がよく頭皮への負担の少ない麦わら帽子がおすすめです。日傘は厚手のポリエステル製のものを。色はもっとも紫外線透過率の低い「黒」を選ぶと良いでしょう。

●紫外線防御剤配合のスタイリング剤や頭皮用UVスプレーなんてモノもある!

最近では頭皮用UVケアアイテムも充実。サラッと快適に使えるものも増えているので、レジャーや外出が多い日は、是非、使ってみましょう。また、髪も紫外線により褪色したり、乾燥が進んでしまうこともあるので、毎日使うスタイリング剤を紫外線防御剤配合のものにスイッチしてみるのもおすすめです。

髪は“若々しさの象徴”といわれるもの。この夏はぜひ髪と頭皮のUVケアを習慣にして、いつまでも豊かでツヤのある美髪をキープしてください。