写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクは4月15日、4月14日に熊本県で発生した地震を受けて、災害用統一SSID「00000JAPAN」による公衆無線LANの無料開放を熊本で行い、順次、九州全域に拡大すると発表した。

「00000JAPAN」の取り組みは、無線LANビジネス推進連絡会において、各事業者が提供するWi-Fiサービスを、大規模災害発生時に被災した人々の通信接続手段の1つとして利用してもらことを目的に、災害用の統一SSID「00000JAPAN」として公衆無線LANサービスを提供するもの。

利用の方法は、3つのキャリアのWi-Fiスポットで、無線LANに対応したデバイス上でネットワーク名を「00000JAPAN」を選択するだけでよい。

本稿執筆時点で、3社はそれぞれ熊本県のWi-Fiスポットを無料開放しており、順次、九州全域のWi-Fiスポットを開放する。

「00000JAPAN」は運用が開始された2014年5月から2年を経過したが、その後、ガイドラインの改定が行われ、使い勝手も向上している。