【東京朝ごはん】軽井沢の味を東京で! 「ブレッド&タパス 沢村」のハイセンス朝ごはん

写真拡大

おはようございます! Good Morning Japanです。「沢村」と言ったら、軽井沢で知らない人はいないほど有名な行列の出来るベーカリー。今回はそんな人気店の朝ごはんを、東京で堪能できる「ブレッド&タパス 沢村」にお邪魔しました!

広尾駅から徒歩5分。外苑西通りに面したガラス張りのお店には、朝7時のオープン直後にも関わらず、すでに焼きたてのパンがズラリ。思わず吸い込まれるように店内へ……。

香ばしいパンの香りに包まれた1階は、ベーカリーとカフェ。2階はカウンターバーとレストランが一体となったハイブリットな業態。さっと朝ごはんを食べたい人にも、ゆっくり味わいたい人にもマッチした空間づくりがされています。

ベーカリーで買ったパンはカフェでのイートインが可能。今すぐパンにかぶりつきたいところですが、本日は奥のらせん階段をのぼり2階のレストランへ。

ブラウンとブラックをベースとした店内は、大人っぽい落ち着いた雰囲気。

おすすめの席は、一番奥の窓際のカウンター。大きなガラス窓から差し込む光が気持ちよく、空間が広く感じられます。おひとり様でもまわりを気にせず食事ができるのもポイント。

朝からバランスの整ったしっかりとしたメニューをいただけるのが、沢村の朝ごはん。今回オーダーしたのは人気のチーズオムレツセット(1300円)。噂に聞くと普通のオムレツとはひと味ちがうとか……。

それがこちら!

厚切りトーストと前菜2種、季節のサラダとドリンクがセットになっています。

あれ? オムレツは……? 実はSTAUBのココットに入って出てきたこちらが噂のチーズオムレツ。

熱したココットに卵液を流し込み、300℃の高温で焼きあげた表面は、フワッサクッ! 中は艶やかでトロッとした食感。濃厚なチーズが、香りとともに口の中でとろけるように広がります。天然酵母の厚切りトーストにのせて食べるとさらに絶品! サクサクのパンとの相性が最高なオムレツです。

付け合わせの前菜2種は日替わり。この日は野菜たっぷりのカポナータと、ポテトサラダ。

「沢村の朝食を食べて、素敵な1日を過ごしてほしい。」そんな思いがこめられたメニューは、パンをメインに食事を楽しむことをベースとしたラインナップ。すべて自家製天然酵母で作られるパンは、軽井沢本店と同じメニューで、カレーパンのフィリングは軽井沢で作ったものをわざわざ取り寄せて提供しているそう! こだわりの軽井沢の味で1日を始められるなんて、贅沢な気分になりますね♪

4月15日には新店舗もオープン。話題の新宿ニュウマンで、こちらでも朝7時から朝食を味わえるそう。進化を続ける新しい朝食スポットにもご注目を!

■ブレッド&タパス 沢村

住所:東京都港区南麻布5-1-6
営業時間:【1F ベーカリー】 7:00〜22:00 【2F レストラン】 モーニング 7:00〜10:00L.O. ランチ 11:00〜16:00L.O. ディナー 17:00〜3:00L.O.(日曜、祝日のみ22:00L.O.)
※週末のモーニングは、混雑によりやむなく時間を変更する場合あり。
※23:00以降ご入店のお客様は深夜料金として、お会計時に別途10%追加。
定休日:年中無休
電話番号:03-5421-8686
HP:http://www.b-sawamura.com/index.php
料金:チーズオムレツセット1300円(セットドリンク付)※税抜き

(Good Morning Japan 赤埴奈津子)

次回の「東京朝ごはん」は、4/22(金)更新予定です。お楽しみに!

>>>「東京朝ごはん」バックナンバーはコチラから