13日、国際連合ジュネーブ事務局およびスイスの他の国際機関の中国代表部大使を務める馬朝旭氏はこのほど、国連ジュネーブ事務局のモラー事務局長との間で、中国政府寄贈による「中国ホール」建設の備忘録に調印した。写真はパレ・デ・ナシオン。

写真拡大

2016年4月13日、新華社によると、国際連合ジュネーブ事務局およびスイスの他の国際機関の中国代表部大使を務める馬朝旭(マー・チャオシュー)氏は11日、国連ジュネーブ事務局のモラー事務局長との間で、中国政府寄贈による「中国ホール」建設の備忘録に調印した。完成すればパレ・デ・ナシオン内に位置する「中国ホール」は国連関連施設初の「中国」で命名された会議ホールとなる。

馬氏は調印式典で、「1954年に新中国は初めて国際多国間会議の舞台に立ったが、その舞台がここジュネーブだった。現在、中国はすでに国連および他の国際機関への貢献率が最も大きな国の一つとなっており、今回の『中国ホール』建設はまさに中国の国際的地位と影響力向上の証であり、国連の各取り組みに対する中国の貢献の大きさを象徴している」と紹介した。

「中国ホール」は老朽化が著しく使用が困難となったホールを改築する形で中国政府が寄贈する。馬氏は、「中国ホール」は中国の特色ある文化的要素を取り入れ、完成後は国連初の「中国」で命名された会議室となるだけでなく、設備の充実した近代的多目的ホールとなり、パレ・デ・ナシオンの新たなランドマークとなることが期待されると語った。

パレ・デ・ナシオンは1929年に建設が始まり、国連の前身である国際連盟本部であった。現在は国連欧州本部として使用され、毎年1万回近い各種国際会議が開かれ、長期駐在職員だけでも2500人を超える。2015年の第70回国連総会では「戦略遺産計画」が正式に可決され、パレ・デ・ナシオンの歴史的特色保護を前提とした全面的な改修が決まっている。(提供/人民網日本語版・翻訳/MI・編集/武藤)