ユーベで輝くディバラ、残り7試合3ゴール1アシスト以上でテベス超え

写真拡大

▽ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、昨夏に同クラブを退団した現ボカ・ジュニアーズの同国代表FWカルロス・テベスのユベントス1年目を超えそうだ。

▽昨夏にパレルモから移籍金3200万ユーロで加入したディバラは、ここまで公式戦40試合に出場して18ゴール8アシストをマーク。ユベントスの攻撃を牽引し、テベスの穴を埋める活躍を見せている。

▽ここまでのディバラの成績は、テベスのユベントス1年目に肩を並べつつある。テベスはマンチェスター・シティから加入した2013-14シーズン、公式戦48試合に出場して21ゴール9アシストを記録。ディバラは、コッパ・イタリア決勝も含めた今シーズンの残り7試合で3ゴール1アシスト以上をマークすれば、テベスのユベントス1年目の個人成績を超えることになる。

▽先月中旬に負った負傷の影響により、最近の2試合を欠場しているディバラだが、17日に行われるセリエA第33節の古巣・パレルモ戦で復帰する模様だ。