14日、環球網は、韓国の国会議員選挙の結果に、日本が憂慮を示していると伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年4月14日、環球網は、韓国の国会議員選挙の結果に、日本が憂慮を示していると伝えた。

韓国メディアによると、13日に行われた選挙で与党・セヌリ党は300議席のうち124議席の獲得にとどまり、16年ぶりに過半数に届かないという事態となった。これにより、朴槿恵(パク・クネ)大統領の求心力低下は避けられない情勢だ。

記事は、この結果に危機感を抱いているのが日本政府だと指摘。日本メディアの報道を引用して「選挙の影響から、朴大統領は昨年末に合意に達した慰安婦問題の約束の履行を遅らせる可能性が高い上、きちんと履行されない恐れもある」などと伝えている。(翻訳・編集/北田)