カルチャー、テクノロジー、そしてビジネスといった、これまで分断されてきたコンテキストを自在に行き来して、音楽を「社会」に取り戻すために…。気鋭のアーティストによるライヴ・ショーケース、最新テクノロジーの見本市、未来のビジネスのインキュベーター、そんな新しいタイプの複合イヴェントが4月末にアークヒルズではじまる。

「「Sound & City」4/28(木)- 29(金・祝)開催! ライヴ+カンファレンス+インスタレーションによる新しい複合音楽イヴェント──tofubeats・和田永・Seiho・agraphほか注目のアーティストや起業家が出演・登壇!」の写真・リンク付きの記事はこちら

「SOUND & CITY」、4/28(木)〜29(金)開催

詳細は、随時更新される特設サイトにて! 有料となるアークヒルズカフェ内のプログラム、及びワークショップのチケットはすべてこちらのPeatixページから購入いただけます。

音楽が人との関わりにおいてもたらしてきた豊かさや美しさを、いま一度社会のなかに取り戻すにはどうしたらいいのだろう、という問いが、このイヴェント「Sound & City」の発端となっている。その大前提として、まずは、“音楽”というものを既存の産業にヒモ付いた“消費財”としての役割から解放してあげることが必要なのだろうと、思う。

だから、ここでは「Music」ということばはあえて使用せず、「Sound」の語を使用した。「Sound & City」というタイトルは、思いっきり意訳すると「音と社会」という意味になる。

これからの社会において、一体“音”はどんな価値をもたらすものとして、どんなふうに扱われていくことになるのだろう。それを考えることは、何も“音楽家”と呼ばれる人たちだけに背負わされた責務・役割ではない。

都市や社会が未知なるテクノロジーによって大きく姿を変えようとし、そこに暮らしやあらゆる行動、体験が変質していくなかで、音と人の新しい関わりを模索するためには、テクノロジーに対するフレッシュな視点、ビジネスをめぐる新しい感受性が必須でもある。そして、それが、Soundというもののネイチャーやダイナミズムに精通した“音楽家”たちと出会うことでしか、これからの“音”のあり方はみえてこない。ならば、それらを橋渡しすることを可能にする“出会いの場”をつくってみたらどうだろう。

そういう“場”はすでに世界では増え始めている。規模は何百倍、何千倍も違うものの、毎年春にオースティンで開催されている「SXSW」はカルチャーとテクノロジーとビジネスとが渾然一体となって新しい「世の中」の萌芽を発見するための空間としては、最大最高のお手本だ。あるいは、バルセロナで初夏に開催される「Sonar」を挙げてもいい。

関連記事SXSWを日本人はもっと知るべきだ! IT界のパリコレに日本のスタートアップ陣200人が参戦

世界中のアーティストが集う電子音楽の祭典は、いまや単なる音楽イヴェントを超えて、最新テクノロジーの見本市でもあり“クリエイティヴ・アントレプレナー”とでも呼ぶべき新しいタイプの起業家・ビジネスパーソンのインキュベイターたることを目指しはじめてもいる。

アークヒルズ30周年を記念し、森ビルの主催のもと『WIRED』日本版とRhizomatiksによるイヴェントスペース「WIRED Lab.」、最先端メイカーズスペース「TechShop Tokyo」、独立系ヴェンチャーキャピタルが集うビジネスクリエーション拠点「KaleidoWorks」の3者の共同企画によって実現した「Sound & City」は、規模・影響力としては、それらに遠く及びはしないものの、スピリットとしては同じものを共有したつもりでいる。ライヴパフォーマンスとカンファレンス、トークセッション、インスタレーション、ワークショップを同時多発的に混在させ、来場する方がカルチャー、テクノロジー、そしてビジネスという、これまで分断されてきたコンテクストを自在に行き来するようなイヴェントが「Sound & City」の目指すところだ。

気になるコンテンツだが、4月28、29日の2日間のプログラムをざっと駆け足で紹介しよう。

SLIDE SHOW 6fb07ae1e7dd3c30def0fabd7dbe9f78 577fc0d3e947d65af265967a5da171a1

2/74/29(金)和田永(音楽家)
和田永が構想する「ニコス・ラボ」とは何か? 参加型ラボの未来図を語る(入場料1日券3,500円

3agraph

3/74/29(金)agraph(電子音楽家)
気鋭の電子音楽家と語る「クリエイティヴのR & Dと『音楽家』の行方」(入場料1日券3,500円

4guy-haviv-photo

4/74/28(木)ガイ・ハヴィヴ(デザインディレクター)
未来の「サウンドライフ」をテクノロジーでデザインする方法(入場料1日券3,500円

c3efea8011694664f7d0a0d2723a0b8e

5/74/29(金)森永泰弘(サウンドデザイナー)
気鋭のサウンドデザイナーが語るフィールドレコーディングの魔法と「音の旅」(入場料1日券3,500円

3aa2d1466a39203dcc1231a25c2a3f84

6/74/28(木)斎藤貴弘(弁護士)
風営法改正記念!夜の市長と新しいナイトシーンの作り方(坂田修一朗とともに登壇・入場料1日券3,500円

9af67b17b07447d43ed3344afadb737f

7/74/28(木)坂口修一郎(ダブル・フェイマス)
風営法改正記念!夜の市長と新しいナイトシーンの作り方(斎藤貴弘とともに登壇・入場料1日券3,500円

Prev Next

まず、有料となるカンファレンスでは、日米を代表する大物クリエイティヴ・アントレプレナー2人が登壇する。

ハードウェア開発から音楽配信プラットフォームまでを独自でつくり上げ、世界の音楽文化を果敢にアップデートしてきた「Beats by Dr. Dre」のプレジデント、ルーク・ウッドが“カルチャー企業”としての「beats」の理念、戦略、そして未来に向けたヴィジョンを語ってくれる予定だ。『WIRED』日本版の特集「音楽の学校」で、創業者ジミー・アイオヴィンが語った“音楽文化の未来図”が、長年、彼の右腕として支えてきたウッド自身の言葉として聞くことのできるまたとない機会となる。

関連記事アップルは「過去最高額の買収」で何を目指すのか:これまでの買収先とBeatsとの違い

そして日本からは、楽器メーカーのESP、そしてDJ機器メーカーVESTAXという2つのブランドを創業し、(VESTAXは残念ながら、椎野の引退後の2014年に倒産したものの)世界規模で圧倒的なファンベースをつくり上げた、知られざるオーディオ/ミュージック・ハードウェアのイノヴェイター椎野秀聰が登場する。

70年代初頭から“カルチャーとテクノロジーとビジネス”の類い稀な融合を、次々と実現してきた椎野の驚くべき発想力の軌跡を振り返るとともに、椎野自らにより現在進行中であるVESTAX再生計画のヴィジョンも明かされる予定。かのスティーヴ・ジョブズがそのアイデアを求めて直接コンタクトしてきたとさえいわれる、日本が世界に誇るべきアントレプレナーのレクチャーは、音と人とを取りもつ“ハードウェア”というものの可能性に、改めて気づかせてくれるはずだ。

このほか、風営法改正に尽力した弁護士・斎藤貴弘ダブル・フェイマスの坂口修一郎を迎え、ライゾマティクスの斎藤精一とともに“夜のカルチャー”がいかに都市・社会をアクティヴェートするかを考察するセッション。音楽家の和田永とともに参加型のクリエイティヴを実現する“ラボ”の可能性を議論するセッション。気鋭の電子音楽家agraphの創作の秘密に迫りながら、音楽家のクリエイティヴィティの拡張性を語り合うセッション。

さらには、英国を代表する管弦楽団「フィルハーモニア」のデジタルディレクターによるクラシック音楽とデジタルテクノロジーの融合から生み出される新たな音体験をめぐるレクチャーなどが予定されているほか、日本を代表するヴェンチャーキャピタリストを招いてのセッションも予定されている

ビジネス、ハードウェア、テクノロジー、社会制度、コミュニティー、デザインといった複合的な観点から「音と社会」の未来を見通すための貴重な視座を与えてくれるはずだ。

SLIDE SHOW 1tofubeats

1/54/29(金)tofubeats
Sound & Cityのためだけのアンビエント・セッションを披露! 17:30〜(45分)@カラヤン広場特設ステージ(無料)

cc916035d6abd09fe51da90ace8b3723

2/54/29(金)和田永
廃棄家電を通して人と音楽とが甦るライヴ・ワークショップ。19:00〜(45分)@カラヤン広場特設ステージ(無料)

3seiho

3/54/28(木)Seiho
活け花とモジュラーシンセの不可思議な邂逅。20:00〜(60分)@アークヒルズカフェ(入場料2000円・1ドリンク付

4akiko-nakayama

4/54/28(木)中山晃子
映像と音のめくるめくインタラクション。19:15〜(45分)@カラヤン広場特設ステージ(無料)

5hifana

5/54/29(金)Hifana
音と映像をスクラッチ!会場全員で遊ぶリズムプレイ! 20:00〜(80分)@アークヒルズカフェ(入場料2000円・1ドリンク付

Prev Next

こうした視座は、もちろんライヴパフォーマンスにおいても敷衍される。通常のライヴセットではなく“音と都市”をテーマに参加する5組のアーティストが、それぞれにテーマをもってパフォーマンスを行う。

tofubeatsは、昨年『WIRED』が主催したカンファレンス「WIRED CITY」でお披露目したアンビエントピース「Unseen City」の延長線として、都市をモチーフにしたアンビエントセットを。Alive Paintingという独自の絵画技法で知られるアーティスト中山晃子は、空間とインタラクトしながら変転する映像と音を即興で披露。カンファレンスにも登壇する和田永は、廃品となった電化製品を用いた観客参加型プロジェクト「Electronicos Fantasticos!」を今回のイヴェントに併せた仕様で実施し、音と人とモノと間に新たな回路を開いてくれるはずだ。上記3組のライヴはすべて無料。参加しない手はない。

関連記事tofubeatsがつくった「未来のTOKYOのための音楽」とは?(音源あり) #wiredcon

さらに有料のChill Out Sessionでは、ワールドワイドデビューを間近に控えたSeihoがモジュラーシンセと活け花とを交錯させた摩訶不思議なパフォーマンスを、Hifanaは会場の観客とともに音と映像をスクラッチして遊ぶ体験・体感型のライヴを披露してくれる。

さらに会場となるアーク・カラヤン広場各所には、音をテーマにしたインスタレーションが数多く登場。VRやモーションセンサーを使ったクラシック体験を楽しめるフォルハーモニアのプログラム「MusicLab」「Virtual Orchestra」。全身でゲームと音とを体感する水口哲也の「シナスタジア・スーツ」。ホンダのマイクロモビリティ「Uni-Cub」と、場所によってインタラクティヴに変化する立体音響を味わう森永泰弘の作品とのコラボによる「Trading Garden|市場の庭」。TechShop Tokyoによるラジオ製作ワークショップ「Radio Buffet」など、音との交感をユニークな角度から体感する作品、プログラムが多数用意されている。

関連記事水口哲也による伝説のゲーム「Rez」が、PlayStation VR対応で再降臨!

また、広場の特設ステージではカンファレンスやライヴパフォーマンスに登場するアーティストやアントレプレナーを迎えてのトークセッションやプレゼンが行われていく予定だ。

従来の産業構造や仕組みを飛び出して新しい価値を創出していく“新しいクリエイター/ビジネスパーソン=クリエイティヴ・アントレプレナー”の表現の場(遊び場・実験場)「Sound & City」。以下がプログラムの概要だ。

「SOUND & CITY」
※ タイムテーブルは一部変更になることがございます。詳細は、随時更新される特設サイトをご確認ください。
※ 有料となるアークヒルズカフェ内のプログラム、及びワークショップのチケットはすべてこちらのPeatixページからご購入いただけます。

<プログラム>

SOUND SESSION ライヴパフォーマンス

【4月28日(木)】

中山晃子|映像と音のめくるめくインタラクション
19:15〜(45分)|カラヤン広場特設ステージ|無料

Seiho|活け花とモジュラーシンセの不可思議な邂逅
20:00〜(60分)|アークヒルズカフェ|入場料2000円(1ドリンク付)

【4月29日(金・祝)】

tofubeats|Sound & Cityのためだけのアンビエント・セッションを披露
17:30〜(45分)|カラヤン広場特設ステージ|無料

和田永|廃棄家電を通して人と音楽とが甦るライヴ・ワークショップ
19:00〜(45分)|カラヤン広場特設ステージ|無料

Hifana|音と映像をスクラッチ!会場全員で遊ぶリズムプレイ!
20:00〜(80分)|アークヒルズカフェ|入場料2000円(1ドリンク付)


CONFERENCE SESSION カンファレンス

【4月28日(木)】
アークヒルズカフェ|入場料1日券3,500円

13:00~13:50
ガイ・ハヴィヴ|未来の「サウンドライフ」をテクノロジーでデザインする方法

14:00~15:20
ルーク・ウッド|beatsプレジデントが語る「音楽体験と音楽ビジネスの未来」

15:30~16:20
ルーク・リッチー|英国を代表する管弦楽団フィルハーモニアは、いかにテクノロジーと融合するか

16:30~17:50
斎藤貴弘・坂口修一郎|風営法改正記念!夜の市長と新しいナイトシーンの作り方

【4月29日(金・祝)】
アークヒルズカフェ|入場料1日券3,500円

12:00~12:50
森永泰弘|気鋭のサウンドデザイナーが語るフィールドレコーディングの魔法と「音の旅」

13:00~14:20
和田永|和田永が構想する「ニコス・ラボ」とは何か? 参加型ラボの未来図を語る

14:30~15:50
椎野秀聰|VESTAX創業者が明かす「クリエイティヴ・ハードウェアメーカー」の真髄

16:00~17:20
agraph|気鋭の電子音楽家と語る「クリエイティヴのR & Dと『音楽家』の行方」


INTERACTIVE SESSION インスタレーション & ワークショップ
【4月28・29日】TechShop Tokyoほか、会場内各地に設置・実施

Music Lab. (Philharmonia)
Virtual Orchestra (Philharmonia)
Future Music & Shoes Experience(FUJITSU+Yamaha)
&Y(YAMAHA)
Play Me, I’m Yours(Luke Gerram)
Radio Buffet (TechShop Tokyo)
Garden of Russolo(Yuri Suzuki)
Trading Garden(Yasuhiro Morinaga + Honda Uni-Cub)
Rez Infinite -Synesthesia Suit(Tetsuya Mizuguchi)(※1)
ほか


※1「Rez Infinite -Synesthesia Suit」に関して:
体験頂くには、事前に配布する整理券が必要です。/整理券配布開始時刻:11:00〜(定員になり次第配布終了)/体験時間:一人約15分/体験にはPlayStation®VRを使用します。12歳以上が対象です。/乗り物酔いしやすい体質の方は、体験をお控えください


<概要>

主催|森ビル株式会社
企画制作|WIRED Lab.(Rhizomatiks+『WIRED』日本版)、TechShop Tokyo、KaleidoWorks
特別協力|ブリティッシュ・カウンシル
協力|J-WAVE、ヤマハ株式会社、ヤマハ発動機株式会社、本田技研工業株式会社、W’s Company、Beatnink、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ゼンハイザージャパン株式会社、VIE SHAIR、
会場|アークヒルズ(アーク・カラヤン広場、WIRED Lab.、TechShop Tokyo、アークヒルズカフェ)
日程|4月28日(木)・29日(金・祝)
入場料|無料(アークヒルズカフェ内のプログラム、及びワークショップのみ有料)


<アークヒルズ30周年>

今年で30年目を迎える赤坂アークヒルズ。商業施設、オフィス、そして住居が一体化した、まったく新しい都市インフラとして登場し、その後の東京のデザインを変えた空間を、いま、21世紀の東京を生み出す場所として、再編成がはじまった。

世界のメイカームーヴメントを牽引するメイカースペース「TechShop Tokyo」のほか、未来のビジネスを生み出す震源地として日本のトップVCが集う「KaleidoWorks」、そして『WIRED』日本版とRhizomatiksのコラボレーションによる「未来の作戦会議室」である「ワイアード・ラボ」がオープン。今春アークヒルズに新たに誕生する未来志向の施設群を体現するイベントが「Sound & City」だ。

来たるべき都市文化を育むことをミッションに、カルチャーとテクノロジー、そしてビジネスがシームレスに結びついた、新しい実験がはじまる。