内容をぐんぐん吸収できるようになる読書のコツ

写真拡大

よく、知人から「この本面白いよ」と本を借りるのですが、自分が「読みたい」と思ったもの以外は、読後に内容を覚えていないことがよくあります。
読書の質を高める方法を探っていたところ、ライフハッカー[日本版]に、その解決法が掲載されていました。

新しい本を読むときは、自分が何を学びたいのか、それが自分の人生にどう影響するかもしれないのか、そして、なぜわざわざその本を読まなければならないのか、といったことを自分自身に問いかけてください。
(「時間をかけずに読書の質を高める3つのコツ」より引用)

大事なのは、自分の問題とその本に、どんな小さなことでもいいので関連を持たせることだそう。そうすることで、より多くが記憶に残るようになるのだとか。
また、好奇心を持って「これが知りたい」という欲求を持つことができれば、意識的に情報を本から吸収しようと、多くのことを学べるのようになるそうです。
最初のページから順番に読み進めようとせず、ざっと全体に目を通して内容を把握し、「自分はこの本からこれについて知りたい」という目的を持つことが、良質な読書につながりそうです。
image via Shutterstock
(マイロハス編集部)