横浜市で約4億円の下水道使用料徴収漏れ 約2億円は時効

ざっくり言うと

  • 横浜市は14日、約4億円の下水道使用料徴収漏れがあることを公表した
  • このうち約2億円が時効の5年を過ぎて徴収できなくなったと発表
  • 大熊洋二局長は「市民、企業の皆様に深くおわび申し上げる」と謝罪した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング