まるで星空。ある部品が作り上げる美しい空間

写真拡大 (全2枚)

このまるで星空のようなキラキラ、何でできていると思いますか?

Andrea Milano, Italyさん(@andrea_dolph)が投稿した写真 - 2016 4月 13 2:51午後 PDT

じつは、時計の部品を支える基板装置である「地板」。無数の地板がまるで星空のように光り輝いているんです。
こちらは、現在イタリア・ミラノで開催中の世界最大級の国際家具見本市「ミラノデザインウィーク」でシチズン時計が展開しているインスタレーション『time is TIME』のひとこま。
実際に現地を訪れている方たちからも、思わずため息がこぼれそうな写真がインスタグラムにたくさん投稿されています。

CNN Styleさん(@cnnstyle)が投稿した写真 - 2016 4月 13 5:16午前 PDT

インスタレーション『time is TIME』は、時間の本質を探るというテーマで、現代人にとって欠かせない概念「時」と天体の動きによって生まれる光の移ろいから生み出された「時間」が表現されています。

J O Y A N Aさん(@jo_yana)が投稿した写真 - 2016 4月 13 9:16午前 PDT

ひとつひとつをみるとただの部品なのに、この空間にいるだけで時間の流れをリアルに体感できるという不思議な作品です。

Visiva Graphic Designさん(@visiva.graphicphotovideo)が投稿した写真 - 2016 4月 13 7:22午前 PDT

間近で見るとシャープさもあるんですね。

Giovanni E. M. Ostinelliさん(@giovaosti)が投稿した写真 - 2016 4月 13 12:19午後 PDT

映像で見ても本当にきれいでうっとりしてしまいます。

日本でも、いつか体験できるかな? ついつい時間を忘れて羨ましく眺めてしまいました。
[CITIZEN MILAN DESIGN WEEK 2016]
(マイロハス編集部)