『第69回カンヌ国際映画祭』ポスタービジュアル ©Lagency / Taste (Paris) / Le Mépris ©1963 StudioCanal - Compagnia Cinematografica Champion S.P.A. - All rights reserved

写真拡大

5月11日から開催される『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門のラインナップが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

コンペティション部門で上映されるのは、ペドロ・アルモドバル監督『JULIETA(原題)』、オリヴィエ・アサイヤス監督『PERSONAL SHOPPER(原題)』、ダルデンヌ兄弟監督『LA FILLE INCONNUE(原題)』、グザヴィエ・ドラン監督『JUSTE LA FIN DU MONDE(原題)』、ジム・ジャームッシュ監督『PATERSON(原題)』、ケン・ローチ監督『I, DANIEL BLAKE(原題)』、ブリランテ・メンドーサ監督『MA' ROSA(原題)』、クリスチャン・ムンギウ監督『BACALAUREAT(原題)』、パク・チャヌク監督『AGASSI(原題)』、ショーン・ペン監督『THE LAST FACE(原題)』、ニコラス・ウィンディング・レフン監督『THE NEON DEMON(原題)』など20作。今年の審査委員長は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジョージ・ミラー監督が務める。

なお同映画祭のオープニングを飾るのは、ウディ・アレン監督の『Cafe Society』。また「ある視点」部門の出品作には、深田晃司監督『淵に立つ』、是枝裕和監督『海よりもまだ深く』や、スタジオジブリがヨーロッパのWild Bunch社と共に製作したアニメーション映画『レッドタートル ある島の物語』といった作品が選出されている。

『第69回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門出品作

マレン・アデ『TONI ERDMANN(原題)』
ペドロ・アルモドバル『JULIETA(原題)』
アンドレア・アーノルド『AMERICAN HONEY』
オリヴィエ・アサイヤス『PERSONAL SHOPPER(原題)』
ダルデンヌ兄弟『LA FILLE INCONNUE(原題)』
グザヴィエ・ドラン『JUSTE LA FIN DU MONDE(原題)』
ブリュノ・デュモン『MA LOUTE(原題)』
ニコール・ガルシア『MAL DE PIERRES(原題)』
アラン・ギロディ『RESTER VERTICAL(原題)』
ジム・ジャームッシュ『PATERSON(原題)』
クレベール・メンドンサ・フィーリョ『AQUARIUS(原題)』
ケン・ローチ『I, DANIEL BLAKE(原題)』
ブリランテ・メンドーサ『MA' ROSA(原題)』
クリスチャン・ムンギウ『BACALAUREAT(原題)』
ジェフ・ニコルズ『LOVING(原題)』
パク・チャヌク『AGASSI(原題)』
ショーン・ペン『THE LAST FACE(原題)』
クリスティ・プイウ『SIERANEVADA(原題)』
ポール・バーホーベン『ELLE(原題)』
ニコラス・ウィンディング・レフン『THE NEON DEMON(原題)』