映画『淵に立つ』主演・浅野忠信、『歓待』の深田晃司が監督 - 心の奥底を揺さぶる人間ドラマ

写真拡大

浅野忠信が主演を務める映画『淵に立つ』が、2016年秋、有楽町スバル座ほか全国の劇場で公開される。

下町で金属加工業を営む夫婦(古舘寛治、筒井真理子)のもとに、突然一人の男(浅野忠信)が現れ、奇妙な共同生活が始まる。そして一見平和だった家族に“異物”が混入することで夫婦それぞれが抱える秘密があぶり出されていく……。本作は、夫婦とは、家族とは、愛とは、人間とは何か、そんな普遍的なテーマを問いかけながら、人間の心の奥底を揺さぶる人間ドラマだ。

監督は、世界の映画祭で数々の受賞歴を誇る『歓待』、二階堂ふみ主演『ほとりの朔子』など、36歳にして次々と話題作を世に出している深田晃司。世界的に評価の高い黒沢清や河鹹照、是枝裕和らに次ぐ、新しい世代の監督として世界中から注目を集めている人物だ。

主演をつとめるの浅野忠信は、国内外で評価の高い『私の男』『岸辺の旅』や、マーティン・スコセッシ監督『沈黙 Silence』出演など、近年は国際的にも活躍。本作では、静かなる狂気を秘めた異質な男を熱演し新境地をみせている。そして、『歓待』『ほとりの朔子』に続き深田組常連の古舘寛治、映画・テレビ、舞台と幅広く活躍する筒井真理子が脇を固める。

本作の製作布陣は、カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門オープニング作品に選ばれ、日本国内約150館で上映、世界45カ国で上映された河鹹照監督作『あん』の主要メンバーによる製作チームで、フランスのCOMME DES CINEMAとの共同制作による日仏合作作品となる。

また、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品されることが決定。第68回カンヌ国際映画祭の同部門で日本人初の監督賞を受賞した『岸辺の旅』(黒沢清監督)で、深津絵里とともに主演をつとめた浅野は、2年連続で主演作が選出されたこととなる。

【作品情報】
『淵に立つ』
公開時期:2016年秋 有楽町スバル座ほか全国で公開
脚本・監督:深田晃司
出演:浅野忠信、古舘寛治、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈
英語題:HARMONIUM /2016年/日本・フランス/日本語
©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMA


[写真付きで読む]映画『淵に立つ』主演・浅野忠信、『歓待』の深田晃司が監督 - 心の奥底を揺さぶる人間ドラマ

外部サイト

  • 「星空の映画祭 2016」長野で開催 - 星空の下で名作映画を
  • 映画『バケモノの子』細田守監督作品 - 日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が全国でも - 大阪・新宿は延長決定