米西部に魅了された彼女は、Instagramで「写真家」になった

写真拡大

太陽が降り注ぐ大地に真っ青な空、ポップでカラフルな建物…。アメリカ西部の美しい景色とそれを撮ることに取り憑かれた女性は、Instagramでファンを集め、思いがけず写真家としてのキャリアを歩むことになった。デジタルツールが可能にした「新しい写真家」の姿。

SLIDE SHOW 「米西部に魅了された彼女は、Instagramで「写真家」になった」の写真・リンク付きの記事はこちら
eichenbaum02

2/15カリフォルニア州、パームスプリングス
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum03

3/15カリフォルニア州、パームスプリングス
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum04

4/15ルート66(アリゾナ州、ニューメキシコ州との境界付近)
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum05

5/15カリフォルニア州、ベイヴュー
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum06

6/15カリフォルニア州、パームスプリングス
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum07

7/15ルート66(ニューメキシコ州、トゥクムカリ)
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum08

8/15ルート66(ニューメキシコ州とテキサス州の境)
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum09

9/15カリフォルニア州、サンディエゴ
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum10

10/15カリフォルニア州、サンタモニカ
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum11

11/15カリフォルニア州、サンタモニカ
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum12

12/15ウィスコンシン州とイリノイ州の境界付近
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum13

13/15ウィスコンシン州、ウィスコンシン・デルズ
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum14

14/15カリフォルニア州、ウェストロサンゼルス
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

eichenbaum15

15/15カリフォルニア州、マリブ
PHOTOGRAPH BY HAYLEY EICHENBAUM

Prev Next

ヘイリー・アイヘンバウムのInstagramでは、アメリカ西部のカラフルな建造物に日が降り注ぐ様子がとらえられている。彼女は、旅行をしながらこれらの景色をとらえ、数千枚もの写真を撮って、そのなかからよく撮れた写真を1万5,400人に上るフォロワーと共有している[編註:フォロワー数は原文掲載時。現在は2万人を超える]。

信じられないかもしれないが、アイヘンバウムは写真の正式な訓練を受けたことがない。写真もニコンD7 100やiPhoneの自動設定を使って撮っている。「受けた写真の授業は、ほとんどすべて途中で辞めちゃったわ」と彼女は言う。それでも彼女は、形や色をとらえる素晴らしい目をもち、インスタレーションとパフォーマンスアートを行っていたバックグラウンドもあった。

アイヘンバウムが友達に勧められてInstagramを始めたのは、2013年のことだ。しかしその翌年、1カ月かけてルート66を旅するまでは、あまりその魅力を理解できなかった。その旅で、彼女はアメリカ西部のすべてに魅了され、約1万5,000枚の写真を撮った。それ以来、彼女はInstagramに病みつきである。

2015年11月にロサンゼルスに引っ越したアイヘンバウムは、ほぼ毎日のように撮影し、25以上のロードトリップを行って13州を回った。ジープで旅をしながら、色彩豊かで幾何学的な物、「廃れかけたロマンチックなアメリカ」を象徴するレトロな看板、特有の建造物、荒れ果てた建物などを探す。彼女は雄大な景色や明るい風景をとらえているが、その写真には平らなイラストのような質感がある。過ぎ去りし昔の思い出が染み込んだハガキのようだ。

自称「写真狂」のアイヘンバウムは、ここ2年間で4万枚の写真を撮り、「これで、何年分も加工できる素材がある」と笑う。そんな彼女にとっての楽しみは、画像を美しく、生き生きとさせるためにトリミングと色の加工を行う撮影後にあるそうだ。「本当に“色”が大好き」と彼女は言い、自らの完成イメージを想像しながら楽しげに写真の色を鮮やかにし、電線などの邪魔な物を取り除いていく。「本物と超現実的なイメージの境界線上を歩きたいの。これらの場所を見たときに、わたしが実際によく感じるのはそうした感覚だから」

写真家としての訓練を受けていないものの、アイヘンバウムは「写真家」という、想像していなかったキャリアを歩み始めている。Instagramは彼女の初期の作品を取り上げ、それがアルバムのジャケットや商品写真のような商業活動に結びついた。そして彼女はいま、3月6日からニューヨークで始まる「Superchief Gallery」での初のグループ展示の準備を行っている[編註:原文記事が掲載されたのは3月4日]。

それと同時に、アイヘンバウムはロサンゼルスの探検も続けていく。「この都市がどんな風に広がっているのかを理解することは、わたしにとって最も大きなチャレンジだったわ」と彼女は言う。「そして、この活動がきっかけで得たチャンスをどうやって利用していくかということもね」