13日、中国の女優ファン・ビンビンが、世界最大の客船会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルによるクルーズ客船の命名者(ゴッドマザー)に。華人では初めての快挙となった。

写真拡大

2016年4月13日、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)が、世界最大の客船会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルによるクルーズ客船の命名者(ゴッドマザー)に。華人では初めての快挙となった。中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

米客船会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルによる「Ovation of the Seas」(皇家賛礼号)のゴッドマザーになったファン・ビンビンが13日、北京で記者発表会に出席した。

客船のゴッドマザーはこれまで、王室関係者や世界的なセレブが選ばれてきた。エリザベス女王の「クィーン・エリザベス」、ダイアナ元妃の「ロイヤル・プリンセス」などがよく知られるところだ。このほか、女優のソフィア・ローレンやオードリー・ヘプバーン、キャサリン妃などそうそうたる顔ぶれが並ぶ。そんな中で今回は、ファン・ビンビンが華人として初のゴッドマザーに選ばれている。

今月デビューした「Ovation of the Seas」の処女航海は、英サウサンプトンから天津まで53日間の旅となる。(翻訳・編集/Mathilda)