O脚はコレで卒業!スッキリ美脚になれる「正しい立ち方」のコツ

写真拡大 (全7枚)

日本人女性に多いO脚。ひどいときは膝が痛くなることもあります。 O脚の人の特徴は、“外側重心”だということ。

街を歩いていたり、駅のホームや信号待ちをしている女性を見ていると、外側重心で立っている人の多さに驚きます。

しかし、外側重心は普段の生活で“正しい立ち方”を意識すれば改善することができ、O脚の解消にもつながります。

そこで今回、理学療法士の筆者が、外側重心の例と正しい立ち方のコツをご紹介します。

■そもそも「外側重心」って?

外側重心とは、足の小指側に体重が乗っている状態のことを指します。この状態が続くと、体のいたるところに悪影響を及ぼすことに……。

(1)膝の痛みの引き金になりやすい

外側ばかりで重心を支えていると、外側の筋肉は張ってきて内側の筋肉は衰えてきます。筋肉は関節のまわりにくっついているため、筋肉のつき方のバランスが崩れると膝へのストレスが強くなり、痛みの原因になる可能性があります。

(3)膝以外の関節や、体幹も衰える

外側重心の状態では、体重を身体の外側によりかかるように支えるため、膝だけでなく股関節や体幹にも影響があります。

その結果、関節を支える役割をしているインナーマッスルも衰えてきてしまいます。

■外側重心になっている立ち方3つ

(1)小指側に重心が乗っている

NG立ち方
親指が浮いていたり、浮きそうだったりします。

 

(2)つま先が内側に向き、ハの字になっている

NG立ち方

(3)片方の足の外側で体重を支えている

NG立ち方

いつも同じ足で支えている人が多いです。

■O脚予防に!正しい立ち方

(1)内ももを締める

正しい立ち方

両足をひっつけて、お尻を寄せるようなイメージです。

(2)母指球を意識

正しい立ち方

母指球とは下の図で示した部分。正しい立ち方

1日の中で立っている時間はたくさんあります。信号で立ち止まったとき、歯磨きをしているとき、立ち話をしているとき、電車の中……など、色んな場面で意識をしてみてくださいね。

内側重心でスッキリ美脚を目指しましょう!

【筆者略歴】

安季 ・・・ 理学療法士として患者さんへのリハビリ業務に携わる。その傍ら、リラクゼーションサロン『sayamakan』を開設し、アロマトリートメント、1人1人に合わせた自宅で出来るセルフトレーニングプランの作成などを提案している。

【画像】

※ bese / shutterstock