モンスター患者は誤診率が42%もUP!?(shutterstock.com)

写真拡大

 どこを見回してもクレーマー気質の人が増えているように思える昨今、教育現場では以前から教師や学校を困らせる「モンスターペアレント」が問題視されてきた。

 ここ数年は医療の現場で医師や看護師などに理不尽な要求をする「モンスターペイシェント(患者)」も増え続けているようだ。

 2013年、医療従事者向けサイトを運営する「ケアネット」が、モンスターペイシェントを「自己中心的で理不尽な要求、果ては暴言・暴力を繰り返す患者やその保護者、家族等」と定義し、会員医師1000人を対象に調査を実施。

 その結果、7割近くの医師がモンスターペイシェントに対応した経験を持っており、頻度が月に1度以上という医師も1割強にのぼった。

 内容は「スタッフの対応が気に食わないとクレームをつける」が60.5%を占め、そのほかに「自分を優先した診察の要求」や「待ち時間に関するクレーム」「過剰投薬の要求」「治療法や治療薬についての強硬な主張」が続いた。

 フリーコメントには「モンスターペイシェントにより心身ともに疲れ果てて、うつ病で半年入院」「個室で診察している際に監禁された」などの訴えや、「院外なら暴行罪や脅迫罪となるが病院内だと不当に軽く扱われる」といった憤りも。

 診療現場でのモンスターペイシェント問題の深刻さが浮き彫りになっている。

モンスター患者の誤診率は42%も高いという驚くべき研究が

 こうしたモンスターペイシェントに対して警鐘を鳴らす研究結果が、イギリスの医師会誌「BMJ Quality & Safety」(電子版)の3月7日号に発表された。それによると、問題行動が多い患者は医師から誤診される危険性が高まるという。

 医師を苦しめる行為が原因で適切な治療が受けられなくなり、結局は患者本人に返ってくるというのだ。

 この研究は、オランダ・エラスムス大学医療センター・ロッテルダム医療教育研究所准教授のSilvia Mamede氏らが実施。

 この内容の実験を臨床で行うことは難しいため、医師と患者が向き合う問診での「架空のシナリオ」を制作し、医師たちから病名の診断と治療法の回答を求める方法で行われた。

 まず、いくつかの同じ症例について「普通の患者」と「非協力的な患者」の2つのシナリオを制作した。「非協力的な患者」は、医師に対して理不尽な要求が多かったり、医師の助言を無視したり、指示に従わなかったりするという設定だ。

 最初に、ロッテルダムの開業医63人を対象にこれらの架空のシナリオを診断してもらった。

 すると、単純な症例の場合では「普通の患者」と比較して「非協力的な患者」で診察ミスが6%多くなった。さらに複雑な症例で試すと、「非協力的な患者」の診察ミスは42%も多くなったという。

 さらに、内科研修医74人を対象とした2件目の実験でも同様の結果がみられた。やや複雑な症例において、非協力的な患者の場合の診療ミスは、普通の患者より20%多くなった。
医療の質を落とす負のスパイラルに

 Mamede氏は「患者の非協力的な行動は医師煩わせ気を散らせるので、医師は実際の症状に集中できない。それにより誤診が生じやすくなる可能性がある」と分析。

 「的確な診療が受けられなければ患者はさらにいらついてしまい、負のスパイラルに陥るだろう」と述べている。

 Mamede氏の推定によると、全患者の約15%に「攻撃的」あるいは「失礼な態度」「過剰な要求」「不信感」が見られるという。

 「医師はこうした行動への対処方法を学ぶ必要がある。ただ、対応をしても患者の不信感が拭えないときは、他の医師を紹介することも一つの考えだ」と話す。

 自分の要求を無理やり通して味わう満足感など一過性のもの。医師と患者の関係も、人間同士のコミュニケーションであることに変わりはない。

 医療従事者との信頼関係なくしては質の高い医療は受けられないことを、患者自身も自覚すべきだろう。
(文=編集部)