探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

ひと言で「浮気」といっても、その内容は十人十色。パートナーがいる彼ら、彼女たちはどんなきっかけで、どんな相手と出会ったかという詳細は語られないものです。そこで、美人探偵・山村佳子がその事件簿から詳しく解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査で何を調べるのか、知られざる実態をご紹介!

今回、依頼をいただいたのは、貿易関連会社に勤務する山内ミカさん(仮名・36歳)。フリーアナウンサーの中井美穂さんにそっくりのミカさんは、透明感があるステキな女性。パッと見で“この人は賢い”と思わせる眼の光と、威厳が備わっています。

彼女は、東京都港区のはずれにある築30年のステキな一戸建てで旦那様と二人暮らし。猫が大好きなようで、大きな猫の写真がプリントされたトートバッグを持っています。コットン素材のジャケットに、袖がニットになっているトレーナー、ガウチョパンツというラフでシンプルなコーディネートでした。

「同じ年の夫とは結婚して10年になります。ちょうどその頃、祖母が亡くなって、住んでいた家を相続することになって。私はその家が大好きだったので、当時同棲していた夫と住めると大喜びだったのですが、父が“彼とあの家に住むなら入籍してからだ”と言い、それを伝えたら“結婚しよう”と入籍しました。私たち夫婦は、相手が好きで結婚したわけじゃないんですよね。ただなんとなく傍にいた人と家族になった感じです」

特に趣味もなく、子供を積極的に作らなかった山内さん夫婦。結婚してから夫の給料の半額・15万円を貯金専用口座にコツコツ貯金していたといいます。

「この10年の間、家をリフォームしたり、ふたりで旅行に行ったりしたのですが、お金は1千万円近く手元に残っています。こうして浮気調査のお願いに来ているのは、最近口座をチェックした時に、このお金の半額がなくなっていたからです」

☆☆☆

家計からお金がなくなる=浮気の可能性大

結婚してからずっと、家計はミカさんが管理していました。

「夫の様子がおかしくなったのは、半年前に会社の管理職育成セミナーに行ったあたりから。それまで、ヘアスタイルは典型的な短めヘアだったのに、ある日突然スキンヘッドにしてきたんです。理由を聞くと“ちょっと薄くなったから、毛根を強くしようと思って”と言います。でもスキンヘッドで会社に行くと、かなり目立ちますよね。会社の人には何か重病になったのかと心配されたり、よく行く定食屋さんには、ブラック企業的な体罰を受けたのではないかとまで言われたそうです。夫はヒョロっとした体型であか抜けていないから、スキンヘッドにするとかなりオカルトな雰囲気になり、周囲まで寒々しい感じになるんです。ある意味、金髪にするより目立つゆえに、上司から厳重注意を受けたそうです。バックオフィス職なのに服装や髪形について厳重注意を受けたのは、夫の勤務する会社の70年の歴史の中でも初めてだったそうです。これは大きなペナルティーになると、本人も落ち込んでいました」

スキンヘッドにした時期と、お金が無くなった時期は重なるとか……。

「この半年間でお金が500万円ほど引き出されています。これはおかしいと思い、帰宅した夫を問い詰めたら、“自分のキャリアアップの自己投資のために、お金が必要だったんだ”と言うんです。内容を聞くと、英会話の個人レッスン、お寺修業での精神鍛錬、一流の講師による自己啓発、著名人による英語でディベート講座、ビジネスマナー教室にそれぞれ100万円の入会金と授業料を払って申し込みしたそうで。これから激変するグローバルビジネスに備えて自分を磨きたい、とか言っているんですが夫は総務一筋。会社側もバックオフィスでコツコツと積み上げる地味な仕事ぶりを評価していることは、誰の目にも明らかです。だからこそ、昇進したのだと思います。彼が自己投資したスキルが必要なのは、営業や広報などの部署。彼にはそれなのに500万円もかけるなんてバカげています」

また、それまで19時まで家に帰ってきていたのに、帰宅が夜中になり、土日は精神を強くするためにお寺に修行に行くと言って、帰ってこない。

「その間、LINEは既読にすらなりません。まあ結婚10年だし、家に夫がいなければ、何の気兼ねもなく実家に遊びに行って姪と遊んだり、友達と飲みに行ったり映画に行ったりできるので気楽に構えていたのですが、やはりお金が無くなっていたことは捨ててはおけません。浮気の可能性もあるのですが、行動調査をしていただきたいのです」

ミカさんの夫は総務経理畑を一筋に歩む。会社に行っても1回もしゃべらない日もあるというのに、仕事のために英語でディベート講座に100万円払ったと言い張っていた……。

 

※本連載の内容はプライバシー保護の観点から、体験内容を変えない程度に一部書き変えております。

夫が自分磨きのために行っていたこととは?「【浮気事件簿】寺修業と自己啓発に500万円!スキンヘッド夫とマナー講師の密室の欲望」〜その2〜へ続く

■プロフィール

 山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/