【安斎流・恋愛姓名判断】外運6画の人は純粋で恋にのめり込みやすい!

写真拡大

――名字の1文字目と、名前の最後の文字を足した画数を「外運」と言います。外運は、対人運や恋愛傾向があらわれる場所。外運の画数から、その人の好きになりやすいタイプや、恋愛パターンをみていきましょう。

<第2回 外運「6画」>

■外運5画の人の恋愛キーワード
★吉凶……吉数
★キーワード……社交的、目上からかわいがられる、結婚は早いほうが良縁、しっかり見極めることが大切

<外運とは?>
 外運は、「名字の1文字目」と「名前の最後の文字」の画数を足したものです。ただし、名前3文字以上、名字3文字以上の場合は異なります。佐藤・真理子の場合、名字の「佐」と名前の下二文字「理子」が外運に、御手洗・萌の場合、名字の「御手」と名前の「萌」が外運になります。自分を取り巻く環境をあらわし、対人運や恋愛傾向がわかり、早ければ幼少期から影響が見られます。外運がよければ、いい友人・知人に恵まれ、悪ければ、好ましくない人や、悪い誘惑が近寄ってきたりするので要注意。

■外運「6画」の人の恋愛傾向
 天真爛漫で、人を惹きつける魅力にあふれています。何ごとも夢中になるため、恋愛ものめり込んで楽しみます。素直でかわいいところが魅力なのですが、人を無邪気に信じてしまい、悪い異性にだまされてしまうこともあります。押しに弱いところがありますから、強引な相手には注意が必要です。ただ、だまされたとしても、勉強になったと切り替えることができるため、経験を積んで異性を見る目を養えば、恋愛と結婚を分ける器用さも身に付くでしょう。

■外運「6画」の人と相性がいいタイプ
 素直さを可愛いと思ってくれて、大人としてリードしてくれる懐の大きな人が一番です。相性がいいタイプとして外運の端数「5」は、責任感があり相手を尊重してくれる真面目さをもっています。また、端数「3」の相手は根が真面目で社交的、さらに相手を素直に認めてくれるので相性がいいです。結婚を考えるのなら、外運「13」「33」「5」「15」「35」などの人がオススメです。恋愛だけなら、端数「2」の相手も、似たような価値観をもっていて歩み寄りやすいですが、リードしていかなければなりません。

 外運「6画」の人は基本的に、強引な相手や荒々しい相手、気配りのできない相手などは相性が悪く、自分が苦しくなってしまいます。また、だまされやすいので、世間はいい人ばかりではない、ということを覚えておくことも大事です。誠意と素直さをもっている人か、きちんと判断してお付き合いしてください。
(開運アドバイザー 安斎勝洋)