仕事・結婚・子育て…“私”を失わないための「サードプレイス」事情

写真拡大

ここ数年、耳にする機会が増えたサードプレイス。
家でも会社でもない、自分が素に戻ることができ、心地よく過ごせる場のことを指します。

「妻が女でなくなった」不倫・浮気の“言い訳”として一部で通用する理由

では、実際にサードプレイスを持っている人は、何をきっかけにどんな場を手に入れたのでしょうか。

今回は、働き続けるかどうか、結婚するかどうか、子どもを産むかどうかなど、人生の様々な地点で多様な選択肢を持ち、実際に選択してきた女性たちに、話を聞いてみました。

1、地域のコミュニティ

「職場にいるのは、アラフィフ世代のおじさんと地味めな女性ばかりで、正直『プライベートでも会いたい!』と思えるような人たちではなく……まぁ会社ってそんなものですよね。

このまま家と会社との往復では、人生を楽しめないかもと感じて辿り着いたのが、今住んでいる地域の20〜30代が集まるコミュニティでした。下は学生から上はアラフォーまで、職業や職種がバラバラな人たちが集まっているので面白いです」(25歳/メーカー/独身)

彼女のように何らかの事情(?)があって、オンとオフを完全に分けたり、新規の出会いを求めたりする場合、サードプレイスは有効な場となるようです。

2、オンラインサロン

「憧れの女性が主宰するオンラインサロンに入っています。リアルなイベントはほとんどなくて、オンラインの活動がメインですが、同じサロンに加入する仲間とつながれたことが、今では人生の財産になりました。夢や目標は違っても、それぞれのゴールに向かって、切磋琢磨していける気がしているんです」(28歳/IT/独身)

性別や年代を超えた、様々なバックグラウンドを持つ人が集まった、心地よい場であればサードプレイス。そこにオンライン/オフラインかの境界線はありません。一生ものの仲間と出会えたら最高ですね。

3、陶芸教室

「平日は家と会社を行き来しつつ、夜は遅くなるので外で済ませて帰る日々でした。美味しいお店を開拓したり、友人と会ったりして、それなりに楽しいものの、物足りなさを感じてもいました。そこで通い始めたのが陶芸教室。『やりたい!』という強い気持ちはなかったのですが、友人に誘われて行ったのを機に、私のほうがどっぷりハマってしまいました。教室にいる生徒さんの多くは50〜60代で、普段は交わらない世代の友人ができて、人生の師匠を持てた感覚があります」(33歳/出版/既婚、子どもなし)

「食わず嫌いをしない」ことの大切さを感じさせるエピソード。誘われたら思いきって飛び込んでみて、まずはやってみる。そこでハマれば儲けもん。そう考えてみると良いかもしれません。

4、読書会

「読書会が私にとってのサードプレイスになりました。参加者として出向いた読書会があまりにも楽しくて、有意義で、そこで友達もできたことから、今では主催者として活動しています。人と本、人と人とをつなげるのに、やり甲斐を感じています」(30歳/IT/既婚、子どもなし)

こちらは参加する側から主催する側へと転じた事例。「場をつくる」楽しさや面白さを一度味わってしまうと、やみつきになるのかもしれません。

5、茶道教室

「母、妻、仕事人ではない、一人の女性として楽しめる場所がほしくて、巡り合ったのが茶道教室でした。近所に住む50代女性が主宰する教室なので通いやすく、1回のお稽古で1〜2時間そこで過ごすだけで、自分が素に戻れる感覚があります。女性の先輩である先生と話をするのもためになっていて、今の暮らしになくてはならないひとときになっていますね」(31歳/サービス業/既婚、子どもあり)

母、妻、上司、部下……いろいろな「顔」を持つ女性は少なくありません。ときには一個人、一人の女性の「顔」に戻れる場所に出入りしたいもの。

サードプレイスがほしい方、気になっている方は上記のエピソードを参考に、自分に合ったサードプレイスを探してみてくださいね!