13日、捜狐体育によると、サッカーの2018年FIFAワールドカップロシア大会のアジア最終予選の組み合わせ抽選を受け、日本のネットユーザーが中国と韓国の対戦に興味を示している。写真は中国のサポーター。

写真拡大

2016年4月13日、捜狐体育によると、サッカーの2018年FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選の組み合わせ抽選を受け、日本のネットユーザーが中国と韓国の対戦に興味を示している。

12日に行われた抽選の結果、中国と韓国は同じグループAに入り、9月1日に行われる初戦で対戦することが決まった。韓国メディアは、同グループのイランを警戒する一方で、中国については17勝12分1敗と圧倒的な対戦成績を誇ることから「勝ちが計算できる相手」とみられている。

この対戦には日本のネットユーザーも注目を示していて、「中国は実力では劣るのは間違いないけど、W杯出場がかかった大一番。何が起きるかわからない。中国の番狂わせを期待する」といった声や、中国と韓国の対戦がいつもヒートアップすることから、「中韓の対戦。金を出してでも見たい」といった声が上がっている。(翻訳・編集/北田)