ちひろ美術館で「村上春樹とイラストレーター」展 - 文学と絵の相互関係、過去作品の表紙を振り返る

写真拡大

企画展「村上春樹とイラストレーター-佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-」が、ちひろ美術館・東京で開催される。会期は、2016年5月25日(水)から8月7日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

これまで、様々なイラストレーターと共作をしてきた小説家の村上春樹。本展では、それぞれの文脈で語られてきた文学とイラストレーションの相互関係に焦点を当て、村上春樹と佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸とのコラボレーションを紹介する。

小説やエッセイ、翻訳、絵本など多岐にわたるジャンルで書かれた村上の文章は、しっかりとした文体が礎にしながら、それぞれ異なる表情をまとう。4人のイラストレーターも作品に合わせ画材や技法を変え、独自の画法で世界観に対峙している。

佐々木マキは、村上のデビュー作『風の歌を聴け』と、続く『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』の初期3部作の表紙を飾った。表紙の絵は、かつて村上が経営していたジャズ・バーに飾られていたこともあるが、展覧会に出展されるのは今回が初めてだ。

村上が翻訳した文学作品の表紙絵や装丁を手がけている和田誠。彼は、20世紀のアメリカ文学や映画、音楽に造詣が深く、意気投合した2人が音楽をテーマにした共作に取り組んでいることも。また和田は、村上の全集の絵とデザインも手がけ、友人でもある村上の小説に対して、深い洞察に基づいた明快な視覚化で応えている。

その他のイラストレーターの作品展示に加え、関連イベントとしてスライドトークや読書会、絵本カフェの限定メニューなど様々な催しを展開。展示関連書籍『村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-』も発売される。

【概要】
村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-
会期:2016年5月25日(水)〜8月7日(日)
場所:ちひろ美術館・東京
住所:東京都練馬区下石神井4-7-2
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館。※8/1(月)は開館)
入館料:大人800円、高校生以下 無料
※10名以上の団体、65歳以上、学生証の提示者は100円引き
※障害者手帳所持者は半額、その付添者1名まで無料、視覚障害者 無料

■関連イベント
・「村上春樹とイラストレーター」スライドトーク
日時:2016年5月28日(土) 15:00〜
講師:ナカムラクニオ
定員:35名
参加費:1,000円
※要申し込み、4月28日(木)〜
・読書会「村上春樹を読もう」
日時:6月11日(土) 17:10〜
進行:ナカムラクニオ
定員:20名
参加費:2,000円(カフェのドリンク+スイーツ付き)
※要申し込み、5月11日(水)〜
など

■展示関連書籍
『村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-』
予価:2,200円+税
監修:ちひろ美術館
発行:ナナロク社
発売時期:5月下旬予定
仕様:A6上製、320ページ