13日、台湾・聯合新聞網によると、日本のマクドナルドのCMに登場するお辞儀が「韓国式だ」と指摘され、物議を醸している。写真はお辞儀。

写真拡大

2016年4月13日、台湾・聯合新聞網によると、日本のマクドナルドのCMに登場するお辞儀が「韓国式だ」と指摘され、物議を醸している。参考消息網が伝えた。

CMは、店員が客に対して丁寧な接客を行うという心温まる内容だが、日本のネットユーザーからCMに出てくる女性店員がお辞儀をする際に、腹部の当たりで手を組んでいる様子が、「日本の伝統的なマナーとはまるで違う」との指摘が出ている。

「腹部の前で手を重ねる」というお辞儀は、韓国で「ペコプあいさつ」と呼ばれる朝鮮式のマナーであり、両手を下げて太ももに付ける形が日本のマナーだという。

記事は、「日本と韓国は、過去の歴史のわだかまりが今日まで続いている。多くの人が『マナーは誠意が大切で、形は二の次だ』と考えてはいるが、一部のネットユーザーは国の伝統的なマナーをないがしろにしてはいけないと考えているようだ」と伝えている。(翻訳・編集/北田)