3オーバーと苦しいラウンドとなった宮里 巻き返しはなるか?(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ロッテ選手権 初日◇13日◇コオリナゴルフクラブ(6,383ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー「ロッテ選手権」がハワイ・オワフ島にあるコオリナGCで開幕をした。メジャー初戦「ANAインスピレーション」で優勝争いを演じ最終的に18位タイに終わった宮里藍は2バーディ・5ボギーの3オーバーとやや出遅れた。
ANAインスピレーションで優勝争いに絡んだ宮里藍の独占インタビュー
 ハワイらしい強風が吹き付ける中のラウンド。宮里は「タフなコンディションでした。吹いたりやんだり、強弱があって、ショットのコミットメントが弱かった」と18ホールを振り返った。INから出て11番でボギーのあと、15番、16番では連続バーディを奪ったものの18番でボギーを叩くと後半2番、3番も連続ボギー。最終9番もボギーとしてホールアウトした。
 全体を振り返っては「ティショットはすごく良かった。でも、そこからセカンドのライン出しが上手くできなかった」とアイアンでのチャンスメイクに反省点を見出した。パッティングもグリーン上でも影響があるほどの風に苦戦。「決断力が弱いと感じていて、それを改善しようと思っていたけど…追いつかないくらい風が強かった」と語った。
 出遅れたもののカットライン付近は混戦状態で1ストロークで順位は大きく変動する。「今日のコンディションからどう変わるかわからないけれど、しっかりと明日は予選通過圏内でフィニッシュできるようにしたい」と表情を引き締めた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
遼、国内開幕戦の決勝ラウンド中継にスペシャルゲストとして出演