『コアラのマーチ』に『きのこの山』『ポッキー』『オレオ』……。私たちが幼い頃から現在も愛され続けている定番チョコレート菓子は、たとえダイエット中であっても、小腹がすいたときや疲れたときに無性に食べたくなるものです。

でもチョコレートを使っているものは、総じてカロリーが高くなる傾向があるため、1個でどのくらいのカロリーがあるか、把握しておいて損はないはずです。

そこで、チョコレートとクッキー生地を組み合わせた定番チョコレート菓子のカロリーをリサーチ。ここで、1箱または1袋あたりのカロリー順にまとめてご紹介します。

■カロリーレベル:低(300kcal未満)

・『チョコボール』(森永製菓)・・・1箱(28g)/158kcal

・『キットカット』(ネスレ)・・・1箱(3枚入)/192kcal

・『コアラのマーチ』(ロッテ)・・・1箱(50g)/269kcal

内容量が少ないこともあって、1箱全部食べたとしても300kcal未満と、比較的低カロリーで済むお菓子がこちら。この程度であれば、ダイエット中であっても許容できる範囲かもしれません。

『コアラのマーチ』は、下記のカロリーレベル、中のグループに比べて、1箱の量が若干少ない分、カロリーも約270kcalに抑えることができます。でも1箱では物足らず、2箱以上食べてしまうと逆効果ですから、ご注意を。

■カロリーレベル:中(300〜500kcal)

・『小枝』(森永製菓)・・・1箱(11袋入)/363kcal

・『ポッキー』(グリコ)・・・1箱(72g)/364kcal

・『たけのこの里』(明治)・・・1箱(70g)/391kcal

・『パイの実』(ロッテ)・・・1箱(73g)/399kcal

・『きのこの山』(明治)・・・1箱(74g)/417kcal

・『オレオ』(ヤマザキナビスコ)・・・1袋(9枚入)/480kcal

チョコレート菓子で一番多いのが、1箱400kcal前後となるもので、商品によってあまり大きな差はありません。1箱も食べれば、かなり満足できるものが多いでしょう。

■カロリーレベル:高(500kcal以上)

・『チョコチップクッキー』(森永製菓)・・・1箱(12枚入)/588kcal

・『チョコパイ』(ロッテ)・・・1箱(6個入)/972kcal

容量も少し大きめのため、1箱の総カロリーが高くなるのが、こちらのグループ。チョコパイは1個で162kcalもあるので、一度に食べるならせめて2個で我慢しておきたいところ。

スーパーでもコンビニでも簡単に手に入るチョコ菓子は、常に私たちを誘惑しています。ぜひこれらのカロリーを知って、体重コントロールに役立ててください。

またカロリーが高すぎて危険なコンビニスイーツについては「うそっ…600kcal超えはツラい!“高カロリーなコンビニスイーツ”4選」で紹介していますので、こちらもぜひ忘れずチェックすることをおすすめします。

尚、ここで紹介した商品でさまざまなフレーバーがあるものについては、ベーシックな味についてカロリーを掲載しています。