写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ナビタイムジャパンは4月13日、法人向けの運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」の配車計画機能に「配車サポーター」を追加した。

動態管理ソリューションは、複数の社用車を保有されている法人企業向けにスマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービス。

パソコンとスマートフォン端末により、複雑なシステムを導入することなく、すぐに利用を開始できる点が特徴で、社用車の配車計画の作成、作業者の現在位置確認、作業ステータスの確認や登録、本格的なカーナビゲーション、およびメッセージの送受信などが行える。

配車サポーターは、作業者の配車計画を複数車両合計の総走行距離・所要時間を比較しつつ、地図上にて巡回経路や配送エリア重複などを確認しながら、簡単に組み換えできる機能。

これまでの配車計画は車両ごとに作成し、作業者の訪問順を効率化するものだったが、今回の対応により、作成した配車計画を地図上にて複数車両で比較できるようになるため、作業所全体での配車計画の効率的な組み換えが可能になるという。

配車効率が良くなかったり、配車エリアが重複した場合は複数車両間で訪問先を入れ替えることができるほか、新たな訪問先を追加する際にも、時間に余裕があるドライバーに追加することを可能としている。

訪問にかかる距離や時間、件数を最適化できるため、燃料コストや車両台数を検討する一助となる機能として使用できる。配車計画を作成する画面は、わかりやすいデザインになっていることに加え、総走行距離・所要時間の計算は自動で行うため、配車計画作成担当者の作業コストの削減も期待できるという。

(Aries)