あの効果音も生まれた名門スタジオ「スカイウォーカー・サウンド」を訪ねて

写真拡大

「スター・ウォーズ」や「トイ・ストーリー」シリーズといった映画の音づくりを行うスカイウォーカー・サウンドに、『WIRED』US版が潜入。映画の効果音はどのようにつくられているのか? 音響制作の入門コースを開催してくれた。

Watch this on The Scene.

映画の音が、台詞やBGMだけだと思ったら大間違いだ。そのなかには、例えば足音や、スプーンがマグカップに当たるときのカチンという音、椅子の脚が床に擦れる音など、たくさんの日常的な音も含まれる。

「あの効果音も生まれた名門スタジオ「スカイウォーカー・サウンド」を訪ねて」の写真・リンク付きの記事はこちら

こうした音を手がけるのが「フォーリー・アーティスト(Foley artist)」と呼ばれる人たちだ。彼らは、こうした効果音を再現し、ポストプロダクションの工程で、それらを映画やテレビ番組のオーディオトラックに付け加える。

フォーリー・アーティストになりたいのであれば、行くべき場所は、北カリフォルニアのスカイウォーカー・サウンドしかない。ここはルーカスフィルムの1部門で、同社の映画のみならず、世界各国の作品の音響制作を手がけている。2015年9月には新しいスタジオがオープンし、クルーたちは最近、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『ズートピア』などのプロジェクトに取り組んできた。

彼らは『WIRED』US版の取材チームを温かく迎え入れてくれただけでなく、映画のワンシーンに添える効果音を自分の手でつくれるように、「音の魔術」に関する短期集中コースも開講してくれた。ウサギのキャラクターが歩く音やスーツケースを置く音、ベッドに身を投げ出すときの音などがどうつくられているか、ぜひ冒頭の動画で見てほしい。

関連記事ジョージ・ルーカスのSFX工房、ILMの40年