日本のマンホールの蓋(ふた)はその土地によって図案が異なる。管理を行っている自治体の名前が刻まれているだけの図案もあれば、その土地の名物などをデザインに起こした色とりどりの図案もある。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本のマンホールの蓋(ふた)はその土地によって図案が異なる。管理を行っている自治体の名前が刻まれているだけの図案もあれば、その土地の名物などをデザインに起こした色とりどりの図案もある。

 こうした蓋は中国人にとって見れば、非常に珍しいもののようで、中国メディアの捜狐はこのほど、日本のマンホールの蓋は非常に独特であることを数多くの写真とともに中国の読者に向けて紹介している。

 記事は、日本ではほとんどの自治体でオリジナルの蓋を作っていることを紹介。すべてのマンホールにオリジナルの蓋が採用されているわけではないにしても、人通りの多い場所などでは独特の蓋を見ることができることを伝え、千羽鶴のデザインの広島市の蓋や、市の花サギソウをデザインした姫路市の蓋など、色とりどりで親しみやすいデザインの蓋を写真で紹介。日本を訪れたらぜひ気をつけてみてみたいと論じている。

 マンホールの蓋はそもそもマンホールに人が落ちないよう設置しているものであり、本来そこにデザインは求められていない。だが、あえてその土地ならではの蓋を設置するのは日本人の遊び心と言えるだろう。

 では、中国では日本のように遊び心のあるマンホールの蓋はあるのだろうか。記事は、中国で見られるのはマンホールに人が落ちないようにする本来の使いみちの蓋でしかなく、「日本のように美しいものはない」と紹介しているほか、「しばしばマンホールの蓋は盗まれる」と伝えている。マンホールの蓋は金属でできているため、中国では実際に蓋を盗んで売りさばく人がいるが、誰かがマンホールに落ちたら大けがをしてしまうことは明白であり、これは非常に危険な行為だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)