13日、「戦争が起きたら祖国のために戦うか」を聞いた国際世論調査で「戦う」と答えた韓国人は42%、日本人は最下位の11%との結果が出た。資料写真。

写真拡大

2016年4月13日、「戦争が起きたら祖国のために戦うか」を聞いた国際世論調査で「戦う」と答えた韓国人は42%、日本人は最下位の11%との結果が出た。どちらも世界平均(61%)を大幅に下回るが、韓国ネットは「絶対に戦わない」空気が強く、日本ネットは「戦争はしたくはないが、理不尽に侵略されれば…」のニュアンスが濃いようだ。

国際世論調査専門会社「ワン・ギャラップ・インターナショナル」は2014年9月から12年まで、世界64カ国の18歳以上の男女6万2398人を対象にアンケート調査を実施。韓国・朝鮮日報によると、「戦う」との回答が最も高かったのはモロッコとフィジーの94%。以下パキスタンとベトナムがともに89%、バングラデシュ(86%)、アゼルバイジャン(85%)、パプアニューギニア(84%)、アフガニスタン(76%)と続いた。米国は44%、中国は71%。日本の11%は最下位だった。

韓国のネットユーザーは、「すぐに逃げないと!。戦争が起きたら貧困層から銃を取ることになる。くだらない戦争に命をかけたくない」「庶民に聞いたから42%だったが、財閥や政治家に聞いたら1%にも届かなかった」と政府への不信感が根強いことが浮き彫りになった。どういうわけか「11%を笑うな。日本人は愛国心が強いから、戦争になったら団結して戦うに決まっている」と日本への言及もあった。

一方、日本のネットユーザーからは、「目の前で日本を攻撃され、たくさんの命が奪われ、領土を侵略されても無抵抗で黙って命を奪われてもいいのか?」「理不尽な振る舞いについては戦う姿勢を持っていないと、本当に戦争になっちゃうんだよね」などの声が寄せられ、実際に戦争になれば11%の何倍もの数字になる可能性をうかがわせた。(編集/長澤)