『ヤング・アダルト・ニューヨーク』ポスタービジュアル ©2014 InterActiveCorp Films, LLC.

写真拡大

映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』が、7月から東京・日比谷のTOHOシネマズみゆき座ほかで公開される。

【もっと画像を見る(7枚)】

『フランシス・ハ』『イカとクジラ』などのノア・バームバックが監督を務める同作。ニューヨーク・ブルックリンを舞台に世代の違う2組のカップルのモラルや価値観の違い、野心のぶつかり合いをユーモラスに描く。8年も新作を完成させていないドキュメンタリー映画作家のジョシュと妻コーネリアの夫婦が、レコードやタイプライターなどのレトロなカルチャーを愛する20代のカップル・ジェイミー、ダービーと知り合い、彼らのクリエイティブな生き方に刺激を受けて再び情熱を取り戻す、というあらすじだ。

「若いつもり」でいる40代のジョシュとコーネリアの夫婦を演じるのは、ベン・スティラーとナオミ・ワッツ。成功に他人を利用することを厭わないジェイミーとダービー役を『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバーと『レ・ミゼラブル』などのアマンダ・サイフリッドが演じる。