人工知能が描いた「レンブラントの新作」

写真拡大

17世紀の画家、レンブラントの「新作」がオランダでつくられた。ディープラーニングで作品の特徴を分析し、3Dプリンターを使って“レンブラントらしさ”を再現。人工知能が、人間の才能と技術を模倣することに成功した。

SLIDE SHOW 「人工知能が描いた「レンブラントの新作」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-202098-10-film_textures-89d935-large-1459772339

2/5PHOTOGRAPH COURTESY OF THE NEXT REMBRANDT

03-202096-9-film_printing-d7aa2d-large-1459772338

3/5PHOTOGRAPH COURTESY OF THE NEXT REMBRANDT

04-202106-4-film_scanning-9e0f33-large-1459772450

4/5PHOTOGRAPH COURTESY OF THE NEXT REMBRANDT

05-screen-shot-2016-04-07-at-12-05-22

5/5PHOTOGRAPH COURTESY OF THE NEXT REMBRANDT

Prev Next

この絵画の題材や筆づかい、色合いといったすべての要素には、レンブラントの作品がもつ特徴が含まれている。しかしこの作品は、コンピューターによって図案化され、3Dプリンターによって作成されたものだ。

このプロジェクトは、オランダを本拠とする総合金融機関INGグループが出資したもの。オランダのマウリッツハイス美術館レンブラントハイス美術館のチームが、デルフト工科大学、マイクロソフトと協力して制作した。

レンブラントの絵画の忠実な複製には、大量のデータが必要だった。そうして生まれた作品を、チームは「テクノロジーとアートの結婚」と表現している。

「入手できるレンブラントのデータは大量にあります」とデルフト工科大学のヨリス・ディック教授は語る。「しかし、本当にわれわれはこのデータからレンブラントそっくりの作品をつくり出せるのでしょうか? その問いには興味をそそられました」

346点に及ぶレンブラントの全作品は3Dスキャンを使ってデジタル化され、数名の美術専門家の協力を得て、ディープラーニングアルゴリズムによって作品の特徴が分析された。アルゴリズムはレンブラントの作品に共通する題材を分離し、最も一貫性のある題材──ヒゲを生やし、黒い服を着て、白い襟飾りと帽子を身につけた中年の白人男性──を特定した。

題材は、形状と構図、画材を計算するソフトウェアによって構成され、肖像に仕上げられた。筆づかいも、レンブラントが好んで用いた手法を手本にしているという。

でき上がったイメージは、油絵を用いて3Dプリントされた。完成品は、1億4,800万以上の画素と150GBのレンダリングされたデータによってつくられている。