初夏を彩るシャーベットメロンの香り登場!

写真拡大

バスクリン(東京都千代田区)は、薬用入浴剤「バスクリンクール シャーベットメロンの香り」を2016年4月18日に数量限定発売する。

「バスクリンクール」シリーズは、入浴効果を高め夏の不快感を緩和する効果があると好評を得ているという。一昨年発売の「しゃりしゃりパインの香り」、昨年の「すっきりラムネの香り」に続き、定番とは異なる香りを強調。ひんやりとしたシャーベットを添えたみずみずしいメロンをイメージしている。

子どもが楽しめるほんのり甘いメロンに、ひんやりとした清涼感をプラスした香り。天然アロマビーズを配合しており、心地よい香りが長続きする。また、温泉ミネラル成分(硫酸ナトリウム)が、温浴効果を高めて血行を促し、だるさや冷え性を和らげてくれる。さらに、汗のベタつきを除去し湯上り後の肌をスベスベに。

「バスクリン」品質に基づいた商品設計で、肌へのやさしさ、環境への配慮、残り湯洗濯可能。

溶解色は透明なブルーグリーン。内容量は600グラム、価格はオープン。