かつて中国は世界に名だたる自転車大国だった。大量の中国人がそれぞれ自転車に乗り、大量の自転車が道路をうめつくす様を写真などで見たことのある人は多いだろう。だが、今日の中国ではもはやこの光景は見られない。豊かになった中国人は自転車ではなく、自動車に乗るようになったからだ。(イメージ写真提供:(C)chelovek/123RF.COM)

写真拡大

 かつて中国は世界に名だたる自転車大国だった。大量の中国人がそれぞれ自転車に乗り、大量の自転車が道路をうめつくす様を写真などで見たことのある人は多いだろう。だが、今日の中国ではもはやこの光景は見られない。豊かになった中国人は自転車ではなく、自動車に乗るようになったからだ。

 北京市や上海市のような大都市では自動車が増えすぎたため渋滞が深刻化しており、ナンバープレート末尾の数字による走行規制措置も行われるほどだ。日本の1人あたりの自動車保有台数は中国よりはるかに高く、東京や大阪は人口密度も高いものの、中国の都市部のような深刻な交通渋滞は起きないのはなぜだろうか。

 中国メディアの解放網はこのほど、人間も車も多い東京で、なぜ人びとは正確な時間に基いてスケジュールを組むことができるのか不思議だったと伝え、なぜ東京では交通渋滞が起きないのかと疑問を投げかける記事を掲載している。

 記事はまず、東京には幹線道路のほかに「細い道路がまるで毛細血管のように張り巡らされている」としたうえで、渋滞が発生しても迂回する道が常に存在していることが渋滞緩和に寄与していると指摘。さらに、電車や地下鉄などの公共交通機関も蜘蛛の巣のように張り巡らされているとし、自動車に乗らずとも便利に移動できることを紹介したほか、渋滞の一因となり得る違法駐車について厳格な取り締まりを行っていることも挙げ、さまざまな措置の積み重ねによって東京では深刻な交通渋滞を防いでいるのだと指摘している。

 東京をはじめとする日本で深刻な交通渋滞が発生しないのは、ハード面の整備によるところもあるだろうが、ドライバーの運転マナーが良いことも理由の1つだろう。中国では皆が「我先に」と行動しがちであるため、無理な割り込みも多い。結果として3車線の道路でも4台の自動車が並走するような危険な状況がたびたび見受けられる。譲ったり、譲られたりしながら、良識ある運転を心がける人が多いからこそ、日本では深刻な交通渋滞が起きないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)chelovek/123RF.COM)