写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Dellは4月5日(現地時間)、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのポートフォリオの拡張を発表した。

今回、デルのハイパーコンバージド・ポートフォリオにEMCのコンバージド・プラットフォーム部門であるVCEが提供するハイパーコンバージド製品の再販が含まれ、「VCE VxRail アプライアンスファミリー」「VCE VxRack Node」「VxRack System 1000 FLEX」「Dell Reference Architecture for EMC Converged Infrastructure」などのVCE製品がデル経由にて購入が可能となる。

VCE VxRail アプライアンスファミリーはVMware と共同で設計された業界唯一のハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・アプライアンス。VMware環境向けの統合、事前設定および事前検証が行われている。

VCE VxRack NodeはEMC ScaleIOソフトウェアを搭載したソフトウェア定義型ストレージのビルディングブロックのほか、VxRack System 1000 FLEXはラックスケールのハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション。Dell Reference Architecture for EMC Converged InfrastructureはDell PowerEdgeサーバを活用し、ラックスケールアーキテクチャを柔軟に導入するという。

すでにVCE VxRailアプライアンス、VCE VxRack Nodeは提供開始し、VCE VxRack System 1000 FLEXは米国内ではデルによる直販を通じて入手できるが、グローバルなチャネルを通じた提供は2016年第2四半期に予定。また、Dell Reference Architecture for EMC Converged Infrastructureは2016年第2四半期に提供開始を予定している。

○デルの拡張されたハイパーコンバージド・インフラストラクチャのポートフォリオも追加

加えて、デルの拡張されたハイパーコンバージド・インフラストラクチャのポートフォリオには「Dell VMware Virtual SAN Ready Node」、Dell XCシリーズのハイパーコンバージド・アプライアンス、Dell Hybrid Cloud Platform for VMware でのVirtual SANサポートが新しく追加された。

Dell VMware Virtual SAN Ready NodeはVirtual SAN Ready Nodeを使用し、VMwareベースのハイパーコンバージド・ソリューションを構築することで、プロジェクトのリスクを低減させることができる。

また、Dell XCシリーズのハイパーコンバージド・アプライアンスはDell XC シリーズのアプライアンスに、最新のIntel Xeon Processor E5-2600 v4 Broadwell製品ファミリーを搭載したNutanixベースのハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションとなる。

すでにDell VMware Virtual SAN Ready Node、Dell XCシリーズは提供開始し、Dell VMware Virtual SAN Ready NodeとDell Hybrid Cloud Platform for VMware でのVirtual SANサポートは(プリインストール)は2016年第2四半期に全地域で提供開始を予定している。

(辻)