12日、昨年中国の対オーストラリア投資が過去最高を更新し、150億オーストラリアドル(約1兆2400億円)に達した。写真はオーストラリア・ブリスベン。

写真拡大

2016年4月11日、会計事務所大手KPMGとシドニー大学が発表した報告書によると、2015年に中国の対オーストラリア投資が過去最高を更新し、150億オーストラリアドル(約1兆2400億円)に達した。

同報告書によると、15年の中国の対オーストラリア直接投資の増加は主に大型取引によるもので、昨年は5億オーストラリアドル(約410億円)を超える取引が7件締結された。

中国の対オーストラリア投資の投資分野をみると、これまで盛んだった鉱業から、健康医療分野など他産業へと移行しつつある。農業への投資も増えている。不動産投資は14年以来の強い勢いを維持して、総額68億5000万オーストラリアドル(約5650億円)に達し、対オーストラリア投資全体の45%を占めた。この後には再生可能エネルギー産業と健康医療産業が続いた。(提供/人民網日本語版・翻訳/KS・編集/武藤)