アーセナルのレジェンド、アダムス氏が来季ブロンビーの指揮官就任か

写真拡大

▽かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表DFトニー・アダムス氏(49)が、来シーズンからデンマークの名門、ブロンビーで指揮を執る可能性があるようだ。デンマーク『BT』が報じている。

▽現役時代にアーセナルとイングランド代表のディフェンスリーダーとして活躍したアダムス氏は、現役引退後に母国のウィコンベやポーツマスの監督を歴任。その後、2010-11シーズンにアゼルバイジャンのガバラで指揮を執った後、指導者の仕事からは離れて、現在はガバラのクラブ幹部として働いている。

▽現在、そのアダムス氏に目を付けているのが、監督不在の状況が続いているブロンビーだ。現役時代に多くの成功を収めたアダム氏の招へいを目指す同クラブは、先月に行われたホームゲームに同氏を招待し、具体的な話し合いを行ったようだ。

▽なお、ブロンビーとアダムス氏の双方にとっての懸念は、同氏の健康問題だ。以前から心臓に問題を抱えていた同氏は、昨年に心臓の手術を受けており、監督業の激務をこなせるか、不安視されている。