ハリルホジッチが招待国の印象を語る…初戦で対戦のブルガリアは「野心のあるチーム」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は、13日にJFAハウスで会見を開き、6月3日(金)、7日(火)に開催される『キリンカップサッカー2016』の試合日程発表会見を行った。

▽会見に出席したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は招待国であるボスニア・ヘルツェゴビナ代表、デンマーク代表、ブルガリア代表の3カ国について印象を明かした。

「ここで、3チームの印象について話をしたい。ボスニア・ヘルツェゴビナは私の母国で、FIFAランキングで20位のチームだ。個人の能力はかなり高く、何人かの選手はかなりハイレベル。すでに向こうの監督と話をし、トーナメントを勝つために来たいと言っていた」

「次に、デンマークだ。彼らはかなりパワーがあるチーム。今は歴史上初めてシステムを変えており、[3-5-2]の布陣を用いている。驚きは、7、8人が190cm以上の選手であること。空中戦はかなり強いだろうし、何人かの選手は欧州のビッグクラブでプレーしている」

「そして、3チーム目のブルガリアについては、キリンカップによく招待されているチームだ。ここ5試合の日本戦を観たが、戦績は彼らの4勝1分け。最近ではポルトガルに1-0で勝っている。世界でも上位に入る相手に素晴らしい試合をしていた」

「ブルガリアのフットボールも新しくなっている。難しい状況を迎えた歴史もあったが、若手が台頭していて、野心のあるチームとして新たに生まれ変わっている。これが、私の3チームに対する印象だ」