12日、台湾の女優リン・チーリンがネットユーザーから質問された使用済み下着の値段を答えた。写真はリン・チーリン。

写真拡大

2016年4月12日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)がネットユーザーから質問された使用済み下着の値段を答えた。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

このほどニュースサイトの質問コーナーに登場したリン・チーリンが、ネットユーザーの疑問に答えた。「ぜひ使用済みブラを買いたい。いくらで売ってくれる?」と、ある男性が放った質問に対し、リン・チーリンは臆することなく「1万台湾ドル(約3万4000円)」と即答。しかし、スタッフに「安すぎ」と指摘され、「10万台湾ドル(約34万円)!」と、いきなり10倍の値段をつけている。

別の男性から寄せられた「お風呂の入り方」の質問については、「頭からスタートして、最後に足を洗う」と回答。毎回とても丁寧に洗うため、お風呂には1時間ほどかかるという。

人気ユニットF4出身の俳優ジェリー・イェン(言承旭)と、過去に恋人関係にあったことを明らかにしている。さらに数年間にわたって、大手住設機器メーカー後継者の御曹司とのロマンスがささやかれた。この2人の男性について、「本当に愛していた?」という鋭い質問については、「誰にでも過去があるの」と意味深な言葉で語り、その矛先をうまくかわしている。(翻訳・編集/Mathilda)