12日、タイで飲酒運転をしたドライバーに驚きの罰則が科される見通しであることが分かった。写真はバンコク。

写真拡大

2016年4月12日、仏国際ラジオ放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、タイで飲酒運転をしたドライバーに驚きの罰則が科される見通しであることが分かった。13日付で環球網が伝えた。

タイ政府は12日、飲酒運転をした者に霊安室でのボランティア活動を義務付けると発表した。同法案はすでに批准されているという。飲酒運転をしたドライバーに永遠の別れとなる悲劇を改めて認識してもらい、死亡事故を減少させることが狙いだ。世界保健機関(WHO)の統計では、タイは世界で3番目に交通事故死亡率が高いとされている。(翻訳・編集/北田)