F1 2016年シーズン第2戦バーレンGP。トワイライトレースで、沈んでいく太陽が何とも言えずキレイでしたよね(太陽が日本で見るより大きく見えたような気がしたのは、私だけでしょうか…… ) 。

バーレンGPならではの素敵な写真と共に、“ F1速報バーレンGP号 ” の見所をご紹介したいと思います( ^ ^

1

【 SCCOP UP! ! 】

開幕戦に続き5位入賞を果たしたF1新チーム、ハース。

新しいチームなので、厳しいシーズンになるだろうなと思っていたのですが、大間違い!開幕戦では6位、そしてバーレンGPでは5位を獲得し、レースを盛り上げてくれました。

なぜ、これほどまでに健闘できているのか。あるレース関係者は、

「 ハースの車体開発にはフェラーリの技術が多く取り入れられているが、だからといって誰もが結果を出せるわけではない。大切なのは、マシンを速く走らせるためにきちんとセットアップし、正しい戦略を立てるエンジニアであり、そのマシンを限界ギリギリ、戦略どおりに走らせるドライバーなんだ。」 と分析。

また、ロータスからハースへ移籍したロマン・ グロージャン選手は「 サインした直後に考えたことは、ロータスで一緒に仕事してきた仲間をハースに誘うことだった。 」 と話しています。

その“ 仲間 ” のひとりがロータス時代にグロージャン選手のレースエンジニアを務めていた、小松礼雄さん。現在小松さんは、ハースで主席エンジニアとして現場のエンジニアをまとめています。

グロージャン選手がハースに誘うほど信頼している、小松さん。世界最高峰のモータースポーツ、F1の主席エンジニアとして結果を出していて本当にかっこいいですよね。同じ日本人として誇りに思います。

今後ハースがどのようなチームになっていくのか、とても楽しみです!

【 FOMULA ONE UNIVERS 】

モタースポーツジャーナリストの今宮純さんが語る、F1ドライバーの肖像。

第20回目に登場するのは現役ドライバーの中で一番人気と言っても過言ではない、“ アイスマン ”  ことフェラーリのキミ・ ライコネン選手です。

ライコネン選手の母国、フィンランドに10数年以上前の11月末に行ったことがあるという今宮さん。フィンランドは一体どのような国なのか、モータースポーツとの関わりはどうなのか書かれています。その中でも興味深かったものを、いくつかピックアップしてみました。

・建設工事費を削減するために、国道レベルの道路も自然地形そのままの設計。郊外の脇道に入るとニュルブルクリンクやスパ・ フランコルシャンさながらで、ライコネンが“ スパ王 ” と言われるのも納得できる。

・冬場は6時間程度しかない短い日照時間は貴重。あっという間に過ぎる昼間に外でスポーツをし、その後おいしいお酒をたしなむ生き方はフィンランド的には正しい。ライコネンのライフスタイルはなんと言われようがカッコイイ。

・アイスホッケーが人気だが、ミカ・ ハッキネンがチャンピオンになってからモータースポーツのテレビ視聴率が最も高くなった。FIAライセンスを持っている人は人口比率でいうと世界1位。

ライコネン選手と言えば“ お酒が好き ” というイメージが強いですが( 表彰台でのシャンパンの飲みっぷりは最高です ) 、フィンランドのライフスタイルをみると納得できますよね。

女性はもちろん男性からみてもカッコイイ、ライコネン選手。最年長ベテランドライバーとしてまだまだ頑張ってほしいなと思います。

 

私、F1女子連載ページ[花よりF1]も掲載されています! 今回は、妹と一緒に行ったオーストラリアGPの様子をお届け。ドライバーに会えるポイントや、メルボルンの街の雰囲気を紹介しています。こちらも、ぜひ読んで下さいね♪

(yuri)

【 F1速報× F1女子〜 バーレーンGP号〜 】 キミ・ ライコネンがスパ・ フランコルシャンを得意とする理由とは?(http://clicccar.com/2016/04/13/365433/)