6ステップで大満足! 部屋にぴったり合うテーブルをDIYしてみた

写真拡大

先日引越しをした私。ダンボール机で食事しています。

食事も仕事もまったりもできる、ダイニングテーブルが欲しい! わけですが。

なにせダイニングテーブルって高い。それに、「こういうのが欲しかった」ものを見つけるのが意外と難しいんです。

そこで、DIYすることにしました! これからテーブルを作りたいと考えている方のご参考になればと思います。(初心者DIYなので、失敗したところは多めに見てください……。)

20160413_roomie_DIY

イメージはこちら。

部屋が狭いので、机をまっすぐ置くより、斜めに置く方がスペースを有効的に使えるんじゃないか! ということで決めました。部屋の広さと確保したい通路の広さに合わせて、天板のサイズを決めました。

ダイニングテーブルの詳細

・サイズ:長さ800 × 幅1,650 × 厚さ30mm
・鉄脚:TEKOLABO/鉄脚+古材ラボ 鉄脚のみ、Aノーマルタイプ16mm 7,800円+別途ゴムキキャップ4つ350円と送料込み 9,450円
・天板:マルトクショップ タモ集成材(節・白太あり) 25,610円
・塗装:和信ペイント 水性ウレタンニス つや消しクリヤー 130ml 985円
・ビス:偶然通りかかった中目黒の電気工具店、岩佐商会 トラス頭タッピングビスの5mm太さタイプ 400円程度


下準備1:ネットで天板の購入



天板は、木材通販のマルトクショップで購入。不動産屋さんより、「タモ集成材が安くて雰囲気もよくオススメ」とうかがったので、それをオーダーしました。

マルトクショップの木材は、好みのサイズや形状、穴あけなどの加工が可能です。5角形にしたいので、それも指定してオーダーしました。

注文してから届くまで、3週間くらい待ちました。

下準備2:ネットで鉄脚の購入



R0022103

以前ルーミーで紹介した、TEKOLABO/鉄脚+古材ラボで注文しました。

購入したAノーマルタイプは、キャップを付けると高さが690mm、天板が30mmなので、720mmの高さのテーブルになります。家具屋さんが言っていましたが、割と標準的な高さのようです。

キャップは、天板にわずかの反りがある場合に、脚の片浮きを解消するものだそうです。

入金後、3日程度で届きました。

DIY実践日、当日



R0022078

使用した道具はこんな感じ。

・鉛筆
・定規
・ノコギリ
・やすり
・ハケ
・ドリルまたはドライバー


R0022074

天板が到着。優しい色合いがいいですね。

ベランダで開封すると……のっけから問題が発生!

20160413_roomie_DIY2

寸法の記入が間違っていて、斜めカットができていませんでした(400mmカットするところを、40mmカットと書いてしまっていた……)。

そこで、鉄脚をくっつけるだけだったはずのダイニングテーブルDIYに、「天板カット」という難解な工程がはさまることになりました。

工程1:天板カットのための印付け



R0022080
R0022082

まず、カットするところに、定規と鉛筆で線を引きます。

工程2:天板カット



R0022085

古いノコギリでカット。天板の厚さが30mmもあるので、かなり大変でした。休み休みやって、カットし終わるのに1時間以上かかりました(当社比)。しかもちょっと線からずれましたが、そこは気にしないで進めました。

ちなみに、下には空のダンボールをふたつ敷いて台にしています(終盤で崩れました。)

※ひとつ注意点は、スリッパで作業を行いましたが、かなり木クズが付きます。絶対にオススメしません。汚れていい外用の靴を履きましょう。

工程3:やすりがけ



R0022088

やすりがけ。ちょうど家にあった120番(細かめ)と40番(粗め)を使いました。ここで結構、斜めにカットしちゃった部分をごまかせました。

工程4:塗装



R0022099

カットが大変すぎて、すでに外が暗く……。

天板は塗料なしの状態で届くので、水を弾かせるためにも、塗装をします。よく分からず、時間もなく、和信ペイント 水性ウレタンニス つや消しクリヤーを東急ハンズで買いました。これでよいのか分からないのですが、今のところ困ったことは起きていません。

不動産屋さん的には、「グレープシードオイルか蜜ろう仕上げがオススメ!」だそうですが、ハンズでは見つかりませんでした。

鉄脚取り付けのための印付け



R0022104

まず、取り付ける位置に鉛筆で印を付けます。

ここで注意! 座った時に足を悠々入れられるよう、なるべく外側に脚を設置したら……壁にぶつかってしまったんです。完成後のやり直しは、かなり心が疲弊しました。

壁の端に寄せたい場合には、脚を付ける位置はちょっと内側にしましょう。

また、このとき電動ドリルか、何か鋭利なもので事前に穴を開けておくと、スムーズにビスを絞められます。

鉄脚取り付け



R0022106

ボルトは、TEKOLABOの方が教えてくださった「トラス頭タッピングビスの5mm太さタイプ」。ビスを売っているお店の方にこのまま言ったら、一発で出てきました。

ドライバーは、「ベスト 3Wayラチェットドライバー チェンジ3」を買いました。グリップに力が込めやすいし、ドライバーの角度が変えられるのでよかったです。はじめ、古い電動ドライバーを使ってみたのですが、馬力が弱くて意外と進みが遅かったです。

R0022107

完成!

R0022132

家での食事が快適になりました! ダンボール生活が終焉を迎えて、感慨深い……。

まとめ

かかった金額
約4万円

いい点
・テーブルへの愛着が半端ない
・家にぴったりの形だし、引越し時には脚を外して運び出せるし……売っているのを買うよりイイかも!

気をつける点
・材料が届くまで時間がかかるので、余裕を持って注文するといい
・作業は絶対にスリッパでしない
・無垢材なので、ウェットティッシュでゴシゴシ吹くと、ケバケバが付く