【涙腺崩壊】上京組なら誰もが共感……! 母と息子の姿を描いたマルコメCM「上京篇」に心が震える

写真拡大


この春、生まれ育った地元を離れて上京。初めての独り暮らしに四苦八苦しているという方もきっと、少なくないことでしょう。

思い返せば10数年前。進学のために親元を離れた記者(私)も、最初の頃はホームシックにかかって体調を崩したりしていたっけ……。そんな、我ら “上京組” の心にすうっと染みいる感動CMを数多く世に生み出しているのが、マルコメ。

本日はみなさまに、「マルコメ料亭の味 液みそ 上京篇」CMをご紹介したいと思います。

【上京してきた母親が主人公】

短編アニメでアカデミー賞を受賞した実績のある「映像制作会社ロボット」に依頼し、出来上がったという、このCM。

主人公は、東京に住む友人を訪ねるために、はるばる広島県から上京した母親。手がつけられないほどの不良だった自分の息子が、今では妻も子もいる身に。立派に家庭を築いているというだけでもう、母は胸がいっぱいです。

【息子の姿に涙】

一夜明けて、朝。共働きゆえに、家族全員分のお弁当を自ら調理、そのうえ朝食の支度までしている息子の姿を目にした、母。

慌ただしい中、自分のためだけに和食の膳を整えてくれた優しい息子に、こっそり涙を流します。その光景に観ているこちらも、もらい泣き……。そう遠くない未来に、もしかしたらあなたも、似たようなことを体験するかもしれませんね。

【上京したばかりのあなたには、こちらのほうが響くかも】

一方で、同じく上京をテーマにしたCM「マルコメ料亭の味 たっぷりお徳 母と息子篇」も、泣ける!

東京でも売っているようなものばかりをダンボール箱いっぱいに詰めて、わざわざ送ってくれる母。その深い愛情に、辛くなったとき寂しくなったとき、何度助けられたことか。上京組ならばきっと誰しも、主人公に共感してしまうはずよ。

ひとしきり涙して、「実家に電話してみようかな……」と、ふと思う、マルコメの上京CM。心に響くこれらの作品を観て、明日もお互い、頑張りましょうね!

参照元:マルコメ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る