2016年4月24日、富士スピードウェイにて開催される「モーターファンフェスタ」は、創刊90周年という『モーターファン』誌からローンチから5周年のWEBメディア『クリッカー』まで、三栄書房が関わるメディアやイベントのアニバーサリーが多数重なっている”モーターファンズイヤー”を記念した一大イベントです。

1

その「モーターファンフェスタ」における富士重工業(スバル)の出展内容が明らかとなりました。

まず、史上最大のグリッドウォーク参加車両として、「インプレッサWRカー(1998年)」 と「スバル1000(1966年)」の2台が参加します。

また、ピットエリアには STI(スバルテクニカインターナショナル)が耐久レースマシンである「WRX NBR2013参戦車」に加え、いまや幻といえるSTIコンプリートカーである「S206」、「S207」を展示します。

そのSTIブースでは、来場者へ数量限定で、NBRクリアファイルや新型フォレスターミニカー等のノベルティグッズの提供も予定されているといいますから、スバリストなら見逃せません。

さらに、スバルが他社をリードする特徴的な先進安全技術「アイサイト」を体感できる「スバル ぶつからないクルマ?体感コーナー」 も用意する予定となっています。低速からのプリクラッシュブレーキをレヴォーグで実体験できるというのも貴重な機会となりそう。この体験コーナーでも、アンケートなどに回答することでノベルティグッズが貰えるということです。

 

【モーターファンフェスタ】アイサイトも体験! ラリーから先進安全までスバルの今昔が見られる!(http://clicccar.com/2016/04/13/366576/)