招待された3か国ついて、ハリルホジッチ監督は「私たちより強く、経験もある」と見ているが、「大会をすべて勝利で終えたい」と意気込んだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 日本サッカー協会(以下、JFA)は、6月3日(金)と同7日(火)に予定されている「キリンカップサッカー2016」の記者会見を行ない、大会スケジュールを発表した。
 
 5年ぶりに開催されるキリンカップに招待されているのは、ボスニア・ヘルツェゴビナ、デンマーク、ブルガリアというヨーロッパの3か国。従来の3か国対抗戦から招待国を1か国増やし、日本を含む4か国によるノックアウト方式で優勝が争われる。
 
 会見でJFAの田嶋幸三会長は、以下のように抱負を述べた。
 
「このキリンカップサッカーの歴史を紐解いていくと、1978年に1回目となるジャパンカップがスタートしています。この大会は日本代表の強化には、大きな意味を持ってまいりました。5年ぶりに行なわれる今回も素晴らしいチームが参加しますし、日本代表の強化につながることを確信しています」
 
 また、霜田正浩技術委員は、「最終予選前の貴重な強化の場」としたうえで、「ヨーロッパから強豪国を呼ぶことができました。日本代表が最終予選に向けて、どのぐらいの戦いができるかどうか。そういうチャレンジの大会になると思っています」と、今年9月に行なわれるロシア・ワールドカップ最終予選を見据え、実戦を通じてチームの現在地を図るつもりでいるようだ。
 
 マッチスケジュールは以下のとおり。
 
■6月3日(金)@豊田スタジアム
【M1】
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 対 デンマーク代表
(16:00キックオフ/BS朝日にて全国生中継)
【M2】
日本代表 対 ブルガリア代表
(19:40キックオフ/テレビ朝日系列にて全国生中継)
 
■6月7日(火)@市立吹田サッカースタジアム
【M3】
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 対 ブルガリア代表
またはデンマーク代表 対 ブルガリア代表
(16:00キックオフ/BS朝日にて全国生中継)
【M4】
日本代表 対 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
または日本代表 対 デンマーク代表
(19:30キックオフ/テレビ朝日系列にて全国生中継)
 
※7日の試合は初戦の結果にかかわらず、【M4】にて日本代表の試合を実施。
※試合時間は前後半各45分の90分。勝敗が決しない場合は、直ちにPK方式にて勝敗を決する。
 
 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、このキリンカップサッカーを「かなり重要な大会」と位置付ける。そして霜田技術委員と同様に、「最終予選に向けて、日本代表にとって大きなテストになります」と捉えた。「招待された3チームは、私たちより強く、経験もある」と謙虚に構えてはいるが、「2試合に勝つトライをする。大会をすべて勝利で終えたい」と強い意気込みを口にした。
 
 指揮官はさらに、「まったくクオリティも違うし、スタイルも違う」という3か国それぞれについての印象を以下のように語った。
 
<ボスニア・ヘルツェゴビナ>
「私の母国です。FIFAランキングは20位に入っています。個人の能力はかなりあるし、何人かの選手はハイレベルです。すでに向こうの監督とも話をしましたが、『トーナメントに勝つために来る』と言っていました」
 
<デンマーク>
「かなりパワーのあるチームです。デンマークのサッカーの歴史上、彼らは初めてシステムを変えました。3-5-2を使っています。本当に驚いたのは、7、8人が190センチ以上です。空中戦は特に強いと思いますし、ビッグクラブでプレーする選手もいます」
 
<ブルガリア>
「ここ5試合、日本との対戦を見ましたけど、彼らが4回勝って、引き分けがひとつです。少し前にポルトガルと試合をして、1-0で勝ちました。若手が台頭してきて、野心を持ったチームに生まれ変わっています」